大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

感想を頂くために必要なこと。

感想を頂くために必要なこと。

 

それは、感想をたくさん送ること。

 

感想を送ることで、自分は何に反応し、何に心動かされ、どのように感動したのかが明確になる。

 

感想を書くとは、ぼんやりして形の曖昧だったそれに、確かな輪郭を与えるようだ。

 

その積み重ねは、感想を書きたくなるような己の表現力になる。

 

そして、与えるほどに、受け取れるようになるようだ。

 

 

何かを書いたり、作ったり、表現したり。

 

そうしたときに、やはり何よりも嬉しいのは、感想を頂くことだ。

 

こと自分に置き換えてみても、感想を送るというのはエネルギーが要る。

 

何かに触れたことで、ぼんやりと自分の中に湧いてきたものを、「言葉」という形にするということは、とてもエネルギーを使うし、時間や労力のかかるもの。

 

それだけに、その障壁を超えて書かれた感想を頂けるというのは、もの書き、あるいは表現者にとって無上の喜びなのだろう。

 

もちろん、それに触れる人の数が増えれば増えるほど、そして己の深い内面に潜った表現をすればするほど、感想に好意的なもの増えるし、批判的なものも増えるのだろう。

 

著名なアーティストほど、心無い中傷に遭ったりもする。

 

けれど、いずれの極のそれも、自分の書いたものや表現したものが、波紋のように広がって、誰かの心に共鳴したことから起こるの。

 

だとしたら、やはり根底の部分で「自分が何を大切にしていて、何を伝えたいか」ということが求められるのだろう。

 

その根っこが明確であればこそ、批判は甘んじて受け入れ明日の糧にして、中傷にはそれに屈することなく、表現することを続けられるのだろう。

 

 

逆説的なこの世の真理として。

 

何かを求めるならば、その何かを与えることが、最も近道だ。

 

つながりを求める人ほど、他人につながりを与えられる。

温かい家庭に恵まれなかった人ほど、ホームメイカーの才能を持つ。

愛情に飢えた人ほど、無償の愛を与えられる。

お金に困窮したことのある人ほど、人に豊かさを与えらえる。

 

「そう見える」ことの裏側に、真実の欠片は転がっている。

 

そうして与えているうちに、いつしか求めていたものを受け取っていることに気づくのだ。

 

日本の商慣習においては「後払い」もあるのだろうが、人生の真理は全て「先払い」だ。

 

先に与えてこそ、受け取れる。

 

そしてその与えることのできるものとは、自分が最も足りないと思い、飢えていて、求めているものなのだ。

 

かくも不思議な、世の逆説よ。

 

 

だからというわけでもないが、感想を送るようにしている。

 

美味しい料理をいただいたお店の店主や、

お会いして話を聞いた方や、

心動かされたブログの著者や、

感銘を受けた本の著者や…

 

ときに手紙で。

ときにメールで。

ときにブログで。

ときにSNSで。

 

いまは便利な時代で、感想を伝えるのにいろんな手段がある。

 

そして、感想を書こうとすると、「どの部分が」「どのように」「どうして」己の心に残ったのか、必然的に自問することになる。

 

その積み重ねは、己の大切なものを研ぎ澄ませていく時間となる。

 

感想を書くというのは、その相手のためというよりも、自分のためという側面が強い。

 

情けは人のためならず、と同じようなものか。

 

 

ということで、ここまでは長い長い前フリで、今日は当ブログの2周年に際して、ありがたいことにお祝いのお手紙やメッセージ、電報を頂いたことをご報告したかった。

 

f:id:kappou_oosaki:20190829121351j:plain

 

いまは電報にもいろんな種類があるようで、声真似をしてくれる「くまモン」のぬいぐるみとともに。

 

ありがたい限りで、2年間毎日エントリーを更新し続けてよかったと感じる。

 

メッセージや感想を頂いた方に、あらためて深く御礼申しあげます。

 

ありがとうございます。

 

これからも、書き続けます。

 

________________________

〇大嵜直人の書斎:2019/8/29

1.某メディア様への寄稿記事

→ 次回記事「名人」(仮)、寄稿目標9/1

2.執筆依頼:感想文 校了9/11目標

3.執筆依頼:短編小説 校了10/23目標

4.ものがたり

→ 執筆中、タイトル未定

 ________________________

〇作品一覧・お問い合わせ先はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________