大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

受け取る、受け取らないを超えて。

根っからの受け取り下手の私は、自分の何かを褒められたり、魅力を伝えられたりするとが、いまだに苦手だ。

 

そんなことないです

いや、私よりすごい方いらっしゃいます

 

と、冷や汗をかきながら、超高速首振り機能のついた扇風機のようになる。

 

それでも、伝えてくださった方の気持ちを全力で受け取ろうと思い、ニッコリ笑って「ありがとう」を伝えようとするようにはしている。

 

けれど、

 

私は受け取って欲しくて、メッセージを伝えたわけではないんです。

 

と彼女は言った。

 

 

頑張り屋さんだったり、

生き辛さや息苦しさを感じたり、

ワーカホリックだったり、

他人の顔色を窺ってしまったり、

周りよりも自分を犠牲にしていたり、

いつも報われなかったり、

 

そんな傾向のある人にとって、人生を一変させる可能性があるのは

「いまそこにある愛を受け取る」

ということだ。

 

それは、書いている私が実体験をもって言うことができる。

 

過去に受けた何らかの心の傷が化膿して、人は愛を受け取ることを拒否することがある。

 

欲しかった愛を得られなかった、

愛する人から大切にされなかった、

恋人と不本意な別れ方をしてしまった…

 

その傷は、人それぞれにあるのだろう。

 

「もらえないんなら、もういらない。その代わりに、私が与える」

 

人は傷ついた心に蓋をして、そうして愛を与える側に回ろうとする。 

 

愛を与えることで、自分の存在理由と価値を証明するように。

 

けれど、往々にしてそうして与える愛は「代償」であり「犠牲」であり「取引」であり、相手と循環させることは難しい。

 

どこかで、枯れるからだ。

 

そうした状態になったときに、「愛を受け取る」というのは、とても怖い。

 

周りからの愛を受け取ること

ニッコリ笑ってありがとうと言うこと

努力せずに愛され幸せになること

何にもせずに大事にされること

周りに頑張ってもらって自分はのほほんとしていること

 

そうしたことが絶対に許せないし、強烈な怖れを覚える。

 

それはそうだ。

 

いままでの常識は、「これだけ自分を犠牲にしたから、これくらいは愛をもらっていいよね」という前提に基づいているのだから。

 

けれど、人生において八方塞がりのように感じるとき、新しい道を開くのは「いままで絶対にイヤ」と思っていたことなのかもしれない。

 

私自身も、そうだった。

 

自分の存在価値を示すために、相手の都合も何も考えず、愛を与え、押し売り、投げつけ、それに対して金利を乗せたリターンを求めた。

 

相手が金利どころか、レバレッジを大きく効かせた愛を返してくれたとしても、その膨大な愛の塊のうちの、溢れ出るしずくくらいしか受け取ろうとしなかった。

 

受け取ったら、負けのような気がしたから。

 

まあそんな暴挙を繰り返すのも、仕方ないくらい傷ついていたともいえる。

 

言えるのは、不惑を前にしてようやく

「いまそこにある愛を受け取ろう」

「ニッコリ笑ってありがとうと言えるようになろう」

と思えるようになった、ということである。

 

ところが、前述の彼女の言は、その範疇を外れていた。

 

 

誰かを助けるのに理由がいるかい?

 

とは、私が大好きだったテレビゲーム「ファイナルファンタジー9」の主人公・ジタンの台詞だが、同じように、誰かに愛を伝えるのに理由はいらないのかもしれない。

 

もしそうだとするなら、それを伝えられた方もまた、無理に何かしようと思わなくてもいいのかもしれない。

 

もしかしたら、受け取ってほしいから、それを伝えているのでは「ない」かもしれない。

 

ただ、それを伝えたいから。

 

それを相手がどう受け取ろうとも、伝えたかったから。

 

ただ、「私は」そう思った、と。

 

もしかしたらそれは、「無償の愛」と呼ばれるものなのかもしれない。

 

 

先日の旅で玉置神社を訪れた際、帰り道の参道で、ただそこに咲く花を見かけた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190515144510j:plain

一人で山道で迷いそうになったり、心細かったり怖かったりした道中の終わりに見かけたその花は、殊更美しかった。

 

気付くと私はその花に歩み寄り、

 

綺麗だねぇ。

 

ありがとう。

 

と愛を伝えていた。

 

そこに理由も何もなかった。

 

 

もしかしたら。

 

彼女もまた、同じように伝えてくれたのかもしれない。

 

そこには、与えるも受け取るもないのかもしれない。

 

ただ、そこにあるだけ。

 

いつも、それに気づくだけ。

 

誰かを「愛する」ことは

本当に本当に何よりも幸せだという事を。

誰かを「愛する」姿は

本当に本当にそれだけで美しい。

 

本当に本当に、彼女の言う通りなのだろう。

 

私も、ただ伝えたい。

 

ありがとう、むさ苦しいほどの、愛の人

 

_____________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_____________________