大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

競争心と、芸術性。

風の強い日だった。

 

息子と娘と出かけた近所の公園では、新緑の色をした葉が忍術のように舞っていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190427212122j:plain

 

ベンチに腰掛けて、すっかり新緑の季節の色になった空を見上げると、また内省の時間になった。

 

最も嫌いな優位的な立場を使ってのマウンティングをされてから、実はそれはずっと抑えていた自分だと気づいて悶絶して、なかなかに考えることはたくさんあった。

 

ひょっとして、自分は自分が考えていたような自分ではないのかもしれない。

 

たいせつな友人からも、メッセージをもらった。

 

ほんとうに競争心が強い人は、芸術に走るんだよ

 

数字で測れる競争の世界から、数字で測れない世界に移る人は多いらしい。

 

そこで、おそらくさんざん競争をし尽くしたあと、結局、他人との競争ではないと気づいていくそうだ。

 

ものすごく、納得した。

 

いや、降参した。

 

さいころから、私は競争することをしなかった。

 

単に自分の腕力が弱かったからだと思っていたのだが、どうも話はそれほど単純ではない気がする。

競おうと思えば、腕力以外のものでも競えたはずだ。

 

けれど、それをしなかった。

できるだけ競わないように、どうしても競わないといけない場面がきたときは、いかに目立たないようにうまく負けるかを考えていた。

 

それは、実は自分の力を心の深い部分では知っていて、それだけに、もしそれを発揮して負けたら、立ち直れないくらいショックだから、なのかもしれない。

 

「自称・やればできる子」の心理に近いのかもしれない。

 

もしその力を表に出したとき、

ぐうの音も出ないほどに負けてしまったら。

心無い批判を浴びせられたら。

それどころか、世界が何ごともなかったかのように時を刻んでいたら。

 

その力を信じていた自分は、どうなってしまうのだろう。

 

競走を怖れる裏側の心理には、ずっとその怖れがあったのかもしれない。

 

ほんとうのところは、競争が嫌いなんだろうか。

 

つくづく、歳を重ねるごとに自分が分からなくなっていく。

 

 

書かなければ、頭の中だったら、どんな素晴らしい文章も綴ることができる。

 

それでも、こうして画面を一文字ずつ黒くしていくにしたがって、目の前に現れたそれと頭の中の妄想とのギャップを、毎日毎日味わっている。

 

「書く」とは、無限の可能性を秘めた真っ白なキャンバスを、現実という絵具で黒く塗りつぶしていく行為なのかもしれない。

 

それでも、

 

それでも。

 

 

ふと気づくと、小さな芸術家は、足元にアートを描いていた。 

 

f:id:kappou_oosaki:20190427205034j:plain

 

童心。

 

好きなことを、好きなように。

 

芸術にも人生にも、勝ちも負けもない。

 

ただ、そこにあるだけだ。

 

ただ、それでいいのかもしれない。

 

たいせつな人に頂いた言葉が、頭に浮かんだ。

 

好きなことを無心で歩くことが、人生の要になります。

 

歳を重ねるごとに、自分というものが分からなくなっていく。

 

それでも、歳を重ねるごとに、たいせつな言葉は増えていく。

 

新緑の木の葉の舞う道を、私は早足で歩いて帰った。

 

_____________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_____________________