大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

梅の香、東風とともに。

寒の戻りはありつつも、空気の流れはどこか緩さを含み。

 

時に、土脉潤起・つちのしょううるおいおこる。

真冬の間に凍てついていた土も、雪解け水により湿り気を帯びてくるころ。

 

山から流れ出る雪解け水は、栄養分をたっぷりと含んだ生命の水でもあると聞く。

いろんなものが、少しずつ目覚める時候。

 

f:id:kappou_oosaki:20210220103136j:plain

 

その通りに、どこか土の色も暖かく。

 

そして、気づけば梅の花が、咲き始めていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210220103118j:plain

 

雪と白梅というのは、先人たちがこぞって描いてきた風景ではあるが、やはりこの時期の澄んだ空と、白い花弁はとても合うように思う。

 

嬉しくなり、1年ぶりのその香りを愉しむ。

 

先週に見たときは、まだ蕾が固く閉ざされていたように思ったが、咲くときはあっという間に咲くものだ。

そして、それはいつも正確に、忘れることなく、咲く。

 

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花

あるじなしとて 春な忘れそ

 

学問の神様が詠んだ詩を、思い起こす。

その神様が祀られている、近所の神社にも足を伸ばして、手を合わせてくる。

 

去年も、梅の花の開花とともに、そんな参拝をしたような気がした。

 

時はめぐる。円環を描いて。

 

f:id:kappou_oosaki:20210220103127j:plain

 

帰り道、川沿いの桜並木の蕾は、まだ固く。

もう少し、時間の助けが必要そうだ。

 

それでも、時が来れば咲くのだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20210220103146j:plain

 

この青い空が、もう少しぼんやりして霞がかるころ。

また、薄いピンク色をした無数の花弁が、空を埋め尽くすのだろう。

 

そんなことを、想像しながら。

まだ風の冷たい、川沿いを歩く。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________