大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

言葉にする、という強さ。

強さにも、いろんな種類の強さがある。

 

分かりやすい筋力、腕力といった強さ。

逆境や不運にもめげない、負けない強さ。

初心貫徹、一つの決めたことをやり遂げる強さ。

 

そのあたりは、誰が見ても分かりやすい。

あるいは、その逆もまた、強さの一つだと言える。

 

自分の弱み、できないことを認める強さ。

折れそうな自分を認めてあげる強さ。

逃げる、あるいは撤退を決める強さ。

 

そんなこんなで、思いつくだけでもいろいろな強さあるのだが、「言葉にする」ということも、ある種の強さなのではないかと思う。

 

 

たとえば、息子はいつも拗ねるとこう言う。

 

「どうせ、おとうは娘のほうがだいじなんでしょ」

 

そりゃあ、男親にとっての娘の存在は、息子のそれとは違う。

それは、どっちが大事か、というよりも、まったく比較対象にならないのだ。

 

スキージャンプと、ホイコーローを比べるようなものだ。

それはまったく比較の土俵が違う。

 

けれど、そんな説明を息子にできるはずもなく、またしたところで理解されるとも思えないので、息子が拗ねてそう言うと、私は答えに窮するのだ。

 

そんな話を以前にしていたら、「息子くんが、ほんとうにそう思っているんなら、きっと怖くて口に出せないと思うよ」と教えられた。

 

たしかに、それはそうだと気づかされた。

そうじゃないからこそ、口に出せることもある。

 

言葉にできるということは、強いことなのだ。

 

だからといって、息子のその問いにうまく答えられるわけではないが。

 

 

居場所がほしかった

ともだちがいなかった

もっと大事にしてほしかった

とてもかなしかった

 

過去を振り返って、そう言いたくなることも、時にはある。

 

けれど、それを言葉にできるということは、強いことなのだろう。

 

ほんとうにその渦中にいるときは、先の息子と同じく、言葉に出せないものだ。

 

だから、もしそんな言葉が口をついて出てきたら。

 

きっと、それだけ強くなったのだ。

 

だからといって、そのときのかなしみや、さびしさや、そういったものが消えるわけではない。

 

それでも、言葉にすることで。

 

言葉にすることで、そのときの感情に寄り添うこともできよう。

 

また言葉にすることで、誰かに伝えることもできよう。

 

その誰かと、その痛みを分かち合うこともできるかもしれない。

 

言葉にするということは、強さなのだと思う。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________