大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

祈る、ということ。 ~愛知県一宮市「真清田神社」訪問記

定期的に一宮を訪れる用事があるのだが、その度に真清田神社に寄る。

 

少し早めに家を出て、その空気を吸いに。

 

f:id:kappou_oosaki:20201027144323j:plain

 

ここのところ、気持ちのいい秋晴れの日が続く。

 

振り返れば、鳥居から一宮の街が覗く。

 

かつて繊維業で栄えた、古い街並み。

 

玉砂利の音を聞きながら、空を見上げる。

 

f:id:kappou_oosaki:20201027144341j:plain

 

楼門は、今日もその雄大な姿を湛えていた。

 

ここから見上げるのが、好きなのだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20201027144501j:plain

 

春に咲いていた桃の花も、いつかしか冬の支度をしているようで。

 

あれは、緊急事態宣言とやらが出ていた4月頃だっただろうか。

 

びっくりするほど街から人が消え、それでいて緊張感が張り詰めていた。

 

生きていると、いろんな経験をするものだ。

 

そんな中、桃の花は変わらず咲いていた。

 

そのピンクと赤の色に、怯えるこころを慰められたのを覚えている。

 

結局のところ、目の前のことを一つ一つこなすことこそ、心の安寧をもたらすのかもしれない。

 

それは、日常の細部を見つめる、とも言い換えられる。

 

傷ついたとき、不安になったとき、怒りに震えたとき、こころが揺れるとき。

 

自分の足元の、ほんの細部を見つめることだ。

 

見知らぬどこかの誰かの何かよりも、よっぽど安寧と癒しをもたらしてくれる。

 

f:id:kappou_oosaki:20201027144450j:plain

 

本殿は、もう七五三の装い。

 

そういえば、もうすぐ霜月だ。

 

 

f:id:kappou_oosaki:20201027144440j:plain

 

神社に来ると、水に手を濡らす。

 

玉砂利の音を聞く。

 

空を見上げる。

 

深呼吸する。

 

頭を下げる。

 

目を閉じる。

 

手を合わせる。

 

そうしたことの一つ一つが、丁寧に細部を見つめる、ということかもしれない。

 

ときにそれは、「祈る」とも言い換えられるのだろう。

 

願望成就だけが、祈りでもないだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20201027144429j:plain

 

境内になっていた赤い実を見上げながら。

 

秋の陽光に、もう少し包まれていたいと思った。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________