大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

天使のトランペット。

雨が上がり、夜の帳が降りるころ。

 

私は走り出す。

 

濡れた路面は、月明りを映して光っていた。

 

湿った空気が、細かい霧のようになっていた。

 

陽の光の下とは、また異なる風景。

 

その一つ一つの色を愛でながら、私は挨拶を返す。

 

どこか甘い香りがした。

 

見れば、暗闇の足元を照らすように、下を向いて咲く黄色。

 

f:id:kappou_oosaki:20201010210014j:plain

 

花は、みな人の顔を向いて咲く。

 

そんなことを語った人がいた。

 

されどその黄色は、謙虚に大地に頭を垂れる。

 

キダチチョウセンアサガオ

 

その黄色の、名前。

 

ブルグマンシアとも呼ばれ、常緑の豊かな葉を茂らせる。

 

その花は大地に向かって咲き、特に夜に芳香を放つ。

 

筒に似たその花の形は、時に「天使のトランペット」とも呼ばれるそうだ。

 

天に向かって咲く花もあれば、地に頭を垂れる花もある。

 

不思議なことに。

 

10年近くもこの土地で暮らしてきて、この「天使のトランペット」を認識したのは、初めてだった。

 

準備ができたときに、世界はその姿を見せる。

 

「己が足元を、見よ」

 

そう、そのトランペットたちに言われているような気もした。

 

花は、いつもいろんなことを教えてくれる。

 

翌日、またそのトランペットに会いに行った。

 

けれど、同じ場所にはもう昨日の芳香はなく。

 

もうすでにしぼんだ花弁が一つだけ残っているだけだった。

 

しばし呆然として、走りを止める私。

 

瞬間にこそ、愛は宿る。

 

そのしぼんだ花弁は、そう語っているような気もした。

 

f:id:kappou_oosaki:20201011210400j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________