大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

青々と実るドングリの下で、循環について想うこと。

風が、強かった。

 

久しぶりに、息子と娘と公園に行く道すがら。

 

春の嵐とは違って、どこか清浄な空気が頬を伝っていった。

 

秋分の日を過ぎて、力尽きたノコギリクワガタを埋葬しに行くためだったが、気持ちよく晴れた週末は、久しぶりだったような気もする。

 

小学校に入ると、こうして私と一緒に公園に行ってくれることも、少なくなってきた。

 

年齢的にも、そんなものかもしれない。

 

自分のときはどうだっただろうか、とふと頭をめぐらせてみる。

 

ボールの壁当て、昆虫採集、どれも一人で遊んでいた記憶ばかりが思い浮かぶ。

 

寂しかったのだろうかと思えば、そうだったのだろう。

 

それは、父と母も同じく、そうだったのかもしれない。

 

 

埋葬する場所を探していると、木々の枝の先には青々としたドングリが実り始めていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200927202316j:plain

 

秋の柔らかな日差しに照らされて、そのときを待っている。

 

夏の終わりを惜しんでいるうちに、ずいぶんと時は流れ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200927202307j:plain

 

特徴的な笠の部分も、はっきりと識別できるくらいになっていた。

 

季節はめぐる。

 

椎の木は常緑樹だが、これから冬になると多くの木の葉が落ちていく。

 

そして、また時が満ちれば新しい芽吹きがやってくる。

 

風に、木々の葉が揺れてざわめいていた。

 

この葉の多くが、季節のめぐりとともに落ちて、そして新しい緑が芽吹く。

 

あたらめて、季節のめぐりと、生命の循環をもたらす力の大きさを想う。

 

その椎の木の下に、小さな穴を掘り、ノコギリクワガタを埋葬した。

 

手を合わせて、ともに過ごした夏の日々に祈りを捧げる。

 

 

お墓参り、行こうよ。

 

息子が何を言い出すのかと思ったら、どうやら2年前にこの公園に埋葬したカブトムシのお墓のことらしい。

 

そういえば、そうだった。

 

ちょうど今日とは反対側の場所に、埋葬したのだった。

 

よく覚えているな。

 

そう言って、息子の後をついていく。

 

この木だったかな。

 

そう言って、息子は木を見上げる。

 

おぼろげな私の記憶でも、たしかにその木だったように思った。

 

ああ、たぶんそうだと思うよ。

 

やっぱり。

 

そう言って、息子と手を合わせた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200927202423j:plain

 

くさが、はえてきてた。あのカブトムシが、ようぶんになったのかな。

 

祈りのあとで、息子はそう言う。

 

ああ、きっとそうだと思うよ。

 

私は、そう返す。

 

 

季節はめぐり、生命もまためぐる。

 

いつかは、私も。そして、息子も。

 

いつかは。

 

土に、還る。

 

f:id:kappou_oosaki:20200927202259j:plain

 

よく、晴れていた。

 

雲ひとつなく。

 

久しぶりの公園に、息子と娘とひたすら駆けまわった。

 

ごっこ、かくれんぼ、缶けり、ドロケイ…

 

 

二人の8歳児の底なしの体力と走力に、不惑を過ぎた身体は悲鳴を上げる。

 

それでも。

 

それでも、日が傾いて夕暮れの色が辺りを包み始めると、やけに、名残惜しかった。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________