大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

仕事の疲れは、仕事で癒す。

もう20年くらいも前の話ではあるが。

 

当時学生でチェロを弾いていた私とその友人たちは、ヨーロッパの某オーケストラの演奏者の方々と、会食をする僥倖に恵まれたことがあった。

 

テレビやCDの中でしか見たことのない憧れのプレイヤーたち。

 

怖気づかなかったかと言えば、ドキドキしながら向かったように覚えている。

 

それでも、変に遠慮することなくその場に居合わせることができたのは、やはり「若さ」ゆえなのだろうか。

 

彼らは、異国のアマチュアの学生たちにも気さくで、よく飲み、よく食べていた。

 

その中にも、どこか人としての気品が漂っていた。

 

 

宴もたけなわ、酒も入ってみな上機嫌。

 

その縁をつないでくださった方を通訳にしながら、いろんなことを聞いた。

 

どの質問にも、彼らはにこやかに、真摯に答えてくれた。

 

その中で、誰かが質問をした。

 

世界中を飛び回る超ハードスケジュールの中で、幾多の公演活動をしているのに、いったいどうやって仕事の疲れを癒しているのですか、と。

 

「仕事の疲れは、仕事で癒すんだよ」

 

コンサートマスターは、そうにこやかに答えてくれた。

 

そんな世界があるのだ、と感心したことを覚えている。

 

 

20年以上も経って、あたらめてその言葉を思い出す。

 

人生の中で為すべきこと、自分が世界に与えられること、与えられた使命、あるいは、ライフワーク。

 

そのようなものが明確であり、それを仕事にしているからこそ。

 

「仕事の疲れは、仕事で癒す」と言えるのだろうか。

 

「仕事」と聞くと、疲れやストレスと結びつきやすいが、自分を癒す「仕事」をしている人も、世の中にはいる。

 

 

ここで陥りがちな誤りは、「そんな仕事に就けていない」と自分を卑下することだ。

 

どんなときも、どんな理由であれ、自分を卑下したり、否定することは猛毒である。

 

彼らは彼らであり、私には私の、仕事があるだけだ。

 

そこに正誤善悪、優劣も無い。

 

そして同じように、「100か0か」の思考法もまた、息苦しくなるだけだ。

 

「いま」の仕事の中で。

 

自分が癒される瞬間は、ないだろうか。

 

100のうち100すべてが、そういう時間であるのは難しかもしれないが。

 

そのうちの、1か2かもしれないけれど。

 

仕事に癒される瞬間が、あるのならば。

 

それを、見つめることから始めてもいいのかもしれない。

 

その先に、「仕事の疲れは、仕事で癒す」と言えるときが訪れるのかもしれない。

 

 

彼らは彼らであり、私は私、と先に書いたものの。

 

偉大な人は、偉大な人でもあった。

 

その会食のとき、私と友人たちは練習の帰りだった。

 

私たちの抱えてきた楽器を見て、彼らは「何か弾いてみてくれよ」と言った。

 

断れるはずもなく、冷や汗をかきながら友人たちと演奏した記憶がある。

 

さしずめ、イチロー氏やダルビッシュ投手の前で、草野球チームの投手がピッチングを披露するような感じだろうか。

 

弾き終わると、彼らは「よかったよ。では、御礼に」と言って、私たちの楽器を使って同じ曲を弾いてくれた。

 

まるで別の楽器のように響く私のチェロ、そして同じものとは思えないような、その音楽。

 

こういう人が世の中にいるんだな、と妙に感動したのを覚えている。

 

 

楽器を構えた時の、優しくも、どこか悪戯を企む少年のような、彼らの瞳の輝き。

 

いい思い出である。

 

f:id:kappou_oosaki:20181015060914j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________