大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

なんでもない日は、だれかのとくべつな日。

お世話になっているお店が、今日で6周年を迎えた。

 

その前のお店からすると、16周年。

 

時が流れるのは早いものだと愕然としながらも、美味しい思い出の詰まった一年一年を想う。

 

そして、そんな日をお祝いさせて頂けることに喜びを覚える。

 

気の置けない仲間と過ごしたときも、

寂しさをアルコールで散らすように飲んでいたときも、

たこじゃがの旨さに頬が緩んだときも、

外回りのオアシスとしてお昼をいただいたときも、

 

いつも美味しい記憶が、ともに在る。

 

なんでもない日は、だれかのとくべつな日なのかもしれない。

 

 

「続ける」ということは、やはり尊いものだ。

 

一日一日、時は流れていく。

 

時代も変われば、環境も変わる、お客さんの嗜好も変われば、仕入先だって変わっていく。

 

生々流転。

 

流れ流れて、変わりゆくことが万物の摂理であるならば。

 

「続ける」ということは、その摂理に反した異常なことなのだろう。

 

移り変わりの激しく、予想がつかない現代は、「VUCAの時代」と呼ばれる。

 

「とりあえずやってみる」「新しいことにチャレンジする」「複数の専門分野を持つ」などといったことが、推奨される時代。

 

そんな時代に、「続ける」ことに対して、私は畏敬の念を覚える。

 

いろんなことを変化させ続けてこそ、「続ける」ことができるのだろうから。

 

 

そんな一日、一日の積み重ねが、きょう。

 

なんでもない日は、だれかのとくべつな日

 

わたしのとくべつな日は、だれかのおかげさま。

 

美味しい記憶は、どれもとくべつな日

 

そんなことを想いながら。

 

また暖簾をくぐるのを楽しみに。

 

f:id:kappou_oosaki:20200923171944j:plain

今日もお味噌汁にハートは浮かんでいるのだろうか。 

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________