大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

「哲学の道」の思い出に寄せて。

京都の名勝に、「哲学の道」がある。

 

戦前の日本哲学界の巨人、西田幾太郎氏が思索にふけりながら歩いたことから、その名が付けられたと聞く。

 

桜が咲き誇る春から、新緑、初夏、紅葉、そして雪の降り積もる冬と、四季折々の姿が美しい小径である。

 

私が訪れたのは、母と二人で京都を観光した際のことだっただろうか。

 

だとするなら、もう二十年以上も昔のことになる。

 

確か、冬の季節だったような気がするが、それはまた違う機会だったのだろうか。

 

写真も残っておらず、訪れた季節も曖昧なくらい、昔のことになってしまった。

 

なぜ、私と母の二人だったかの経緯も、覚えていない。

 

ただ、とても、静かな小径だったように覚えている。

 

 

 

 

とかく思考が過ぎると、人は下を向く。

 

「長考に沈む」とはよく言ったもので、頭で考えようとすればするほど、それに比例するように沈んでいく。

 

下を向くと、首が曲がり、呼吸は浅くなる。

 

口角は下がる。眉間に皺が寄る。

 

何かを探すようになる。

 

思考の対象が、それで見つかるようなものであればいいが、そうではないときもある。

 

考えても分からないとき、あるいは探しても見つからないときは、そういうときなのだ。

 

空を、風に揺れる木々を、咲く花を、見上げたときに、ふと、見つかることもあるかもしれない。

 

顔を上げる。

 

口角が上がり、笑顔になりやすくなる。

 

気道がまっすぐになり、深呼吸できるようになる。

 

ほら。

 

探してたものは、そこにあった。

 

最初から、そこに。

 

 

京都大学哲学科の祖ともいわれる、西田幾太郎氏。

 

ときに深く思索に沈むこともあったのかもしれない。

 

哲学の道」の風景を見上げることが、そんな西田氏を慰めたのだろうか。

 

二十年前のこと、まだインバウンド需要もなく、厳寒期であればなおさら静かな小径だったのかもしれない。

 

いまは、どうなのだろうか。

 

また、あの小径を訪れたくなった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200910145821j:plain

哲学の道の写真がなかったので、同じ京都つながりで伏見稲荷大社の夕暮れ。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________