大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

篠突く、長月。

出がけには、まだぽつりぽつりと頬を叩いていた。

 

それが、いつの間にか視界が悪くなるほどの勢いの雨に変わっていた。

 

雷が鳴いて、時折フラッシュが焚かれたような閃光が走る。

 

夏の夕立ちとは少し違う、怒気を孕んだ雨だった。

 

ワイパーの速度を上げる。

 

案の定、市街地は渋滞して各駅停車のごとく引っ掛かった。

 

信号を待つ間、雨足の音が車内に響く。

 

激しくなったかと思えば、時折緩やかになり。

 

その緩やかな雨の音は、どこか旧い記憶を呼び起こすようだった。

 

 

記憶の中のそれは、水の張られた田んぼを叩く音だった。

 

もうだいぶ風景も変わってしまったが、故郷の小学校までの通学路は、田んぼか畑がいくつも広がっていた。

 

雨の日の登校は、傘で狭くなった視界の隙間から、その田んぼの雨が叩く音を聞いていた。

 

水面に見えては消えていく、いくつもの雨足とともに。

 

それは、雨の日にしか見られない景色だった。

 

雨の日の登校は、気にならなかった。

 

ほんとうにそうだったのか、それともNOが言えないかったからなのか、分からないが。

 

よく雨にうんざりした顔をした友人たちを見たが、そこまで嫌かな、と不思議だった。

 

 

雨は、嫌なものではなかった。

 

雨が、嫌なのではなかった。

 

けれど、その雨を見ている小さな私は、どこか、痛みとともにある。

 

雨を思い出すと、痛みがともにある。

 

ほしいものは、誰かが持っていた。

 

それは、自分以外の、誰かだった。

 

あのころ、自分は何を持っていたのだろう。

 

それを想うと、胸が苦しくなる。

 

 

記憶の中の通学路は、水溜まりがたくさんできていた。

 

よく学校に着くまで一つの小石を蹴って運んでいたが、雨の日は、すぐに水溜まりに沈んだ。

 

 

その水溜まりに跳ねる雨足を眺めていると、すぐに一緒に登校する分団の皆から遅れた。

 

いつの頃からだろう。

 

遅れないように歩くことを覚えたような気がする。

 

篠突く雨でもなければ、そんなことも思い出さなかったのだろうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20200904161124j:plain

篠突く、長月。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________