大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

咲く、長月。

日中の外気が、明らかに変わった。

 

夏のうだるような、思考が止まるような熱気はそこにはなく、どこか芯のない暑さだった。

 

雲が、出ていた。

 

明日からしばらく、天気は崩れそうだ。

 

見慣れぬ色が、目に留まった。

 

その場所は、昨日しおれた小さな花弁があった場所だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200902214412j:plain

 

この色は、夏の色ではない。

 

秋を、感じさせる。

 

 

小さな小さな、秋の挨拶。

 

f:id:kappou_oosaki:20200902214403j:plain

 

たしかに、昨日まではなかったはずだ。

 

そして、昨日はここに、もの哀しくしおれていた花弁があったはずだった。

 

なぜだろう。

 

わずか一日で咲いたのか。

 

それとも、昨日見た、あの優しい青色の花弁は、咲きかけだったのか。

 

だとしたら、なぜ私は枯れそうな花弁だと思ってしまったのだろう。

 

ぐるぐると思考はまわり、カメラを抱えたまま立ち尽くした。

 

 

どちらでも、いいような気がした。

 

もしも、枯れる花弁が内面の投影であるならば。

 

それを、感じたかったのだ。

 

それは、否定すべきものでも、修正すべきものでもない。

 

ただ、世界をそう見たかった。

 

ただ、そう感じたかった。

 

だれでもない、自らのこころで。

 

それだけのことだ。

 

そこに、意味も、善悪も、カルマも、痛みも、何もない。

 

いや、それらがあってもいい。

 

ただ、そう感じたことを否定しない。

 

ただ、そのようにいる。

 

ただ、あるがままに在る。

 

今日は、咲いていた。

 

紫色の、花弁。

 

秋の、訪い。

 

f:id:kappou_oosaki:20200902214353j:plain

咲く、長月。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________