大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

意味なんてなくても、伝える。

かつて、アンリ・マティスは、教え子にデッサンの講義をする際に、こんな風に伝えたと聞いた。

 

「人がメロンのことを話すとき『こんなに大きなメロンがあってね!』と空中に両腕で丸い線を描いてみせる。

そこに二つの線が、同時に現れる。

それらの線が囲む丸い空間が、話している人の前に現れる。

 

それがデッサンだ。

一本の腕を使ってそんなふうにデッサンせよ」

 

前田英樹

「絵画の二十世紀 ~マチスからジャコメッティまで」(NHK出版)

 

多彩な色遣いが特徴的な絵画を描いたマティスが語る、デッサンについての言は興味深い。

 

未分化で連続した世界、あるいは真っ白なキャンバスから、「それ」を切り取る線。

 

それこそが、デッサンだと。

 

その線とは、マティスのその言を借りるならば、「こんなに大きいメロンが!」という感動であり、心の機微である。

 

それを伝えようとする力が、両の腕をそのメロンの輪郭を形作り、世界を切り取る。

 

言うなれば、メロンを描きながら、それはメロンのみにあらず。

 

「そうであること」への感動と驚きに満ちた世界が、そこには見える。

 

心が動いたこと、それのみが世界を形作っている。

 

それは、機械仕掛けののっぺりとしたものではなく、どろっとして、いびつで、不連続で、なまなましい姿をしている。

 

 

ここでマティスが語るところのデッサンを、「コミュニケーション」としてみることもできよう。

 

そのメロンを両の腕で描き出した誰かは、「大きなメロンがあった」ということを伝えたかった。

 

それ以上でも、それ以下でもない。

 

「こーんなにも、大きなメロンがあったよ!」

 

それだけである。

 

ただ、それを伝えるために、身振り手振りを使って、それを相手に伝えようとする。

 

そこに、コミュニケーションの原型がある。

 

 

人は、いつから言葉を交わし始めたのだろう。

 

「あそこにマンモスの群れがいたぞ」

「その色の果実は酸っぱくて食べれない」

「明日は雨が降りそうだ」

 

そんなことを、伝達し始めたのが、始まりなのだろうか。

 

もしそうだとするなら、情報を伝達することが目的だったのかもしれない。

 

コミュニケーションとは、情報、すなわち意味の交換ともいえる。

 

もしそれがコミュニケーションの唯一の目的なのであれば、相手に正確に伝えることが至上命題となる。

 

その正確性を担保するためには、その意味の確認、その確認の確認、その確認の確認の確認…というループが、無限に続いていく。

 

自分が発した意味と、相手が理解した意味の相違を確認するために、また新たな意味を発しないといけない。

 

どうやら、コミュニケーションの持つ意味にこだわり過ぎると、私たちはどうにも窮屈になるようだ。

 

 

意味なんてなくてもいい。

 

伝える意味などなくても、伝える。

 

何でもないことを、伝える。

 

ただ、そんな単純なことなのかもしれない。

 

それでいいのかもしれない。

 

ただ、伝える。

 

もちろん、それをするためには、伝えたい何がしかがあることが前提である。

 

そのためには、メロンの大きさに素直に感動できる、心の柔らかさが要るのではあるが。

 

 

f:id:kappou_oosaki:20200830195811j:plain

空飛ぶ絨毯の上に仙人が乗っているような。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________