大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

石の上にも、なんとやら。

はじめは、SNSで日々の日記のようなものを、ぽつりぽつりと書いていました。

 

コメントをいただいたり、リアクションをいただいたり、そんなことがうれしくて。

 

「ブログを書いてみてくださいよ」

 

そのうちに、そう勧めてくださる方がいらっしゃいました。

 

とても抵抗を覚えたそれを、実行に移すまでに、優に3か月はかかったような気がします。

 

重い腰を上げて、ようやく2017年8月24日から、ここで言葉を書き連ねてきました。

 

毎日更新をすること。

 

それが、自分に課した課題でした。

 

おかげさまで、それから3年間、休むことなくここに言葉を書き続けることができています。

 

今日で、3年になります。

 

石の上にも、なんとやら、でしょうか。

 

あっという間だったような、とても長い道のりだったような。

 

どうも、ここのところ、時間の流れの感覚がおかしな感じです。

 

 

書き続けていくうちに、ブログというものに対する考え方も、私自身の中で変化していきました。

 

はじめは、やはりリアクションやアクセス数が気になって、それらを増やしたくて。

 

そのためには、共感されること、役に立つこと、情報発信と呼べるようなものを書かないといけない、と。

 

でも、増やしたところで、広告をつけて収益化するか?と言われると、それがしたいわけでもなく。

 

そのうちに、こんなことを続けて何になるのだろう、という気になり。

 

何のために?何の意味があるのか?

 

そんな問いが、湧いては消えていく時期もありました。

 

 

いまは、「そんなものは、どうでもいい」と感じます。

 

ここに書くのは、私が生きることの一種の発露のようなものかもしれません。

 

共感されるようにも書けなくなりましたし、誰かの役に立つことを書こうとも思わなくなりました。

 

ただ、日々の空の移ろいを眺め、いつかの風の音を思い出し、訪れた地の美しい雲の形を描写したくなり。

 

そんな、日記とも呼べないものしか、書けなくなりました。

 

一周回って、一番最初に書き始めた地点に戻ったのかもしれません。

 

もちろん、できれば多くの人に読んでもらいたいという気持ちは消えないし、「すごいね!」「いいね!」って他者評価を渇望することは当たり前にあります。

 

そんな自分の中の5歳児も、認めてあげようと思うくらい、前に進んだと言えるのかもしれません。

 

そして、たとえ、それが満たされなかったとして。

 

たとえ、これぽっちも書く才能がなかったとして。

 

たとえ、どんなに未熟で不出来だったとして。

 

たとえ、多くの人に読まれることがなかったとして。

 

 

そうだったとしても、ここで書き続けてもいいんだと思います。

 

だって、いま、これを読んでいるあなたがいるのだから。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200824212426j:plain

お祝いをいただきました。ありがとうございます。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________