大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

意味のないことを、人は続けない。

駐車場に着いたときには、もう陽が高かった。

 

一宮市は、真清田神社。

 

春先に同じ時間に着いたときは、まだ早朝の空気があったのだが、さすがに8月のこの時期は勝手が違う。

 

f:id:kappou_oosaki:20200818184239j:plain

 

境内には、もう暑気と呼べるような空気が満ちていた。

 

お盆を過ぎてから、夏が本気を出してきたような暑さが続く。

 

今日も、暑くなりそうだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200818184230j:plain

 

やはり正面の楼門から入りたいと思った。

 

強い陽射しは、楼門を輝かせるようで。

 

ぼんやりと、その雄大な姿を見上げていた。 

 

汗が、頬を伝う。

 

 f:id:kappou_oosaki:20200818184339j:plain

 

境内から楼門を望む、この風景が好きだ。

 

鳥居の先に、一宮の街が見える。

 

真清田の神さまとともに歩んできた、この地の歴史を想う。

 

f:id:kappou_oosaki:20200818184220j:plain

 

本殿を前に。

 

夏空の青さが、目に沁みる。

 

地元の方と思わしき女性の方が、手を合わせて祈りを捧げ、そして去っていく。

 

完全に日常の中の一コマになっているようで、とても美しい所作だった。

 

その女性の後で、私も手を合わせる。

 

少し、境内を歩く。

 

玉砂利の音が、心地よい。

 

なぜ、神社を訪れると、こうして手を合わせ、時に祈るのだろう。

 

よく分からないけれど、それをしてしまう。

 

不思議なものだ。

 

それでも、いまの世にこうして残っていることは、意味があることなのだろう。

 

おそらくは、意味のないことを、人は続けない。

 

それが何の意味を持つのか、分からなかったとしても。

 

いや、分かったところで、同じなのかもしれない。

 

ただ、それをする。

 

それは、生きることに、どこか似ている。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________