大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

コロ助みたいなもっともらしい理由を探してただけで、みんなそうしたかったんじゃないですかね、と彼女は言った。

「すごいぞ、これ」

 

「え、どうしたんですか?」

 

「この某取引先からの案内。『昨今の感染症拡大などの社会情勢を鑑み、従前行っておりました虚礼を廃止することといたします』だって」

 

「へぇ…って、キョレイって何ですか?」

 

「ああ、あんまり聞かないよな。俺もググったよ。形式だけの儀礼って意味らしい。中元歳暮、年賀状や、形骸化した飲み会や冠婚葬祭も入るんだって。それをやめるってさ」

 

「へぇ…で、具体的に何をやめるんですかね」

 

「あぁ、毎年上役の方に中元歳暮とかで何か付け届けとかしてたんだろ。それをやめるってことじゃないのかな」

 

「へぇ…前時代的…そんなことするコストがあるなら、製品なりサービスなりの向上に使えばいいのに」

 

「お、おぅ…それをいっちゃあそうなんだけど…ウチみたいな民間は、受注してナンボだからなぁ。サービスのQCDじゃなくて、人に依った購買をしているところなんて、いくらでもあるだろうし。一概に悪とも言えないよな」

 

「へえ、随分とその取引先の肩を持つんですね…ぁゃιぃ

 

「いや、俺は利害関係者じゃないぞ。見りゃ分かんだろ、俺に送ってもムダだって」

 

「そっか、まあ普通に考えたらそうですよね」

 

「そこまで納得されると、悲しくなるな…」

 

「まあまあ。でも、よくよく考えたら意味不明ですよね。なんでコロ助が拡大しているから、キョレイをやめるんですかね」

 

「言われてみればそうだな…別にやめる理由としては、因果関係が薄いよな」

 

「それこそ、カミュの『太陽が眩しかったから』みたいに、因果関係が意味不明です」

 

「そうだな。こんな仰々しい行書体のフォント使って書かれてるけど、よくよく読むと、よく分からんな」

 

「結局、キョレイとやらもそうなんですけど、コロ助みたいなもっともらしい理由を探してただけで、みんなそうしたかったんじゃないですかね。こんなムダなこと、いつまでやるんかな…みたいな」

 

「あぁ…確かにあるかもな。『コロ助のため』『コロ助の拡大予防のため』『コロ助対策のため』って言っておけば、何でもOKの感があるよな、いま」

 

「ほんと。いろいろなくなりましたしね」

 

「通勤、無駄な打合せ、出張、飲み会…あとはなんだろう。いろいろ、なくなっていくよな。これだけすぐにできるんなら、最初からやりゃよかったじゃん…とは思っちゃうよな」

 

「いや、やっぱり理由が要るんですよ。恒常性というか、何というか。何にもしなければ、人間はどうしてもいまある状態を維持したがるというか」

 

「まあ、たしかに」

 

「そう考えると、もっともらしい理由って、気を付けた方がいいのかもしれないですね。本音を隠しちゃうのかも」

 

「え?本音を隠す?」

 

「そう。コロ助にしたって、何か別の理由にしたって。ほんとはそうしたかったのに、イヤイヤしながら、『しょうがないよねー』ってそれをしてるのは、何かコントのようというか…みんな、満員電車とか好きな人なんていなかっただろうに、何か理由をつけたがる」

 

「まあ、なぁ…」

 

「そうしたいなら、『そうしたい』って正直になった方が、よっぽど楽な世界になると思うんですけどね」

 

「そりゃ、そうだけどな。言える人もいれば、言えない人もいるだろうし。決して、それを外から誰かが否定するものでもない、とは思うなぁ」

 

「へー。正直になった方が楽なのに」

 

「まあ、それを気付かせてくれるのが、問題なりトラブルなのかもね」

 

「へえ。『うまくまとまっただろ?』ってドヤ顔してますけど、鼻毛出てますよ」

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________