大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

8月6日、祈り。

思ったよりも早く着いた。

 

すでに夏の力強い陽射しが、熱田神宮の杜を照らしていた。

 

車のドアを開けた途端に、蝉の声がシャワーのように降ってきた。

 

午前中によく鳴く、クマゼミの声。

 

息子がいたら、大喜びするのだろうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20200806132258j:plain

 

朝の早い時間、人気は少なかった。

 

高い木の枝から降り注ぐ蝉の声は、やはりシャワーのようだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200806132248j:plain

 

人気の少ない参道を歩くのは、瞑想に似ている。

 

玉砂利の音が、心地良い。

 

遠くで、ニワトリの鳴く声が聞こえた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200806132238j:plain

 

歩いていくと、その御姿が見えた。

 

堂々として、境内を歩きながら、朝を告げていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200806132511j:plain

 

朝の陽射しが境内を包む。

 

どこか、その陽射しの中に秋を感じてしまい、切なくなる。

 

f:id:kappou_oosaki:20200806132407j:plain

 

誰もいない拝殿。

 

ゆっくりと、手を合わせる。

 

アウシュビッツ以後、詩を書くことは野蛮である。

 

20世紀に生きたドイツの哲学者、テオドール・W・アドルノは「文明批判と社会」の中でそう述べた。

 

アドルノは、ナチス・ドイツの所業を、ある特異点や何らかの失敗として捉えるのではなく、合理性と効率性を追い求める西洋文明の「帰結」であるとする。

 

すなわち、アドルノにおいてはアウシュビッツという「野蛮」を生みだしたのは、その対極と考えられがちな「文明」あるいは「文化」と考えられているものである、と。

 

それらの「文明」あるいは「文化」が引き起こしたアウシュビッツの後、その根本への批判が成されないならば、詩を書くことすらも、「野蛮」と言わざるを得ない。

 

当然ながら、ここでの「詩」とはアイロニーであり、文化・芸術、あるいは哲学を含めた人間の「理性」を指している。

 

f:id:kappou_oosaki:20200806132521j:plain

 

75年前の広島を襲ったのも、また理性の権化ではなかったか。

 

ドイツにユダヤ系の出自として生まれ、ナチスの台頭を目の当たりにしていたアドルノの言は、私たちに「文明」、「文化」、あるいは「理性」への態度を再考させる。

 

21世紀に生きる私は、詩を書くことは赦されるのだろうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20200806132357j:plain

 

よく、晴れていた。

 

もう一度。

 

手を合わせて、祈ろうと思った。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________