大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

男の負け顔の持つ色気。 ~長渕剛「しゃぼん玉」に寄せて

長渕剛さんの名曲、「しゃぼん玉」。

 

物心ついたころに、テレビドラマで長渕さんご本人が、やくざの役を演じていたのを覚えている。

 

調べてみたら、そのドラマ「とんぼ」(これも名曲だ)が放映されたのが1988年、私が8歳のときらしい。

 

さすがに8歳では、そのやくざ役は「こわそうな人」くらいしか印象になかったが、その後、私も人並みに中二病を患い、長渕さんの曲を好むようになった。

 

破れた夢、男の友情、内に込めた情熱、どうしようもない男の愚かさ、弱さ、未練…そのどれもが、男として色っぽいのだ。

 

姉二人はまったく理解を示さなかったが。

 

男が憧れる男のセクシャリティというものに、女性は興味を示さないのかもしれない。

 

面白いものだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200723215405j:plain

 

ベストアルバム「いつかの少年」を何度も聴いていたのを思い出す。

 

伸びのある声で哀愁たっぷりに切々と歌われる、「巡恋歌」「順子」が収録されたDisk-1。

焼酎でうがいをして自ら声帯を焼き切ることで得た、しゃがれ声で歌われる、「とんぼ」「しゃぼん玉」「乾杯」など珠玉の名曲が収録されたDisk-2。

そして、のちの肉体改造による、パワフルなライブパフォーマンスの萌芽が見える「Captain of the Ship」などが収録されたDisk-3。

 

Disk-2を、よく聴いた。

 

前述の「男のセクシャリティ」が、存分に味わえるからかもしれない。

 

「しゃぼん玉」は、負けた男の哀愁、ひいては男のカッコよさが滲み出ている。

 

「博打打ちとしての器は、負け顔に出る」というが、似たようなものかもしれない。

 

ひりひりと傷口に しみて眠れなかったよ

泣きっ面にしょんべん ひっかけられた夜

薄情な男だと 夜を一枚ひんめくりゃ

ぐずぐずしてちゃいけねえと照れずに思えた

 

つまらぬこだわりは 身を縮めるだけだった

ほんの一瞬でも お前を愛せてよかった

枯れ果ててしまっても 温もりだけは残ったよ

妙に悲しくて いさぎよくて

本当に気持ちよかったよ

 

凛凛と泣きながら はじけて飛んだけど

もっと俺は俺でありますように

いったい俺たちはノッペリとした都会の空に

いくつのしゃぼん玉を打ち上げるのだろう?

 

この歌詞、一つ一つのフレーズに滲み出る、男の負け顔。

 

それはすなわち、男の色気なのかもしれない。

 

一般的に男性は競争を好む。

 

優秀でなければ、強くなければ遺伝子を残せない名残なのだろうか。

 

勝って、勝って、勝ち続けなければ、存在意義を失う。

 

昔であれば競う対象が腕力、武力であったものが、年収や社会的地位に変わっていったのだろう。

 

男性は、そんな競争の中で、今日も切磋琢磨する。

 

ところが、競争に敗れた男に「色気」が宿るのは、なぜなのだろう。

 

いや、その「色気」は男が魅力的に感じるものだから、女性にとっては違うのかもしれない。

 

「しゃぼん玉」を聴いていると、そんなよしなしごとを考えてしまうのだ。

 

 

www.youtube.com

 

上の動画は、 「富士山麓10万人ライブ」の中でのもの。

 

1990年代頃のしゃがれ声で哀愁たっぷりに歌う「しゃぼん玉」もいいが、この2000年代以降のマッチョでオラオラな感じで歌う「しゃぼん玉」も素晴らしい。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________