大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

我が子に嫉妬する、梅雨明け間近の空。

雨が、止んだ。

 

明け方には降りしきるその音で目覚めたが、この時期の天気は、よく移り変わる。

 

雲の隙間から、夏の日差しも見え始めたようだ。

 

蝉が、歌い始めた。

 

シャーシャーシャーシャーと鳴くあの声は、クマゼミだろうか。

 

敏感に反応した息子は、胸を躍らせ、早く蝉捕りにいくぞ!と急き立てる。

 

少しゆっくりしたい休日の午前中だが、私の思惑とは関係なく物事が進んでいく。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200718192815j:plain

 

雲の合間から除く日差しは、もう夏のそれだった。

 

来週には、梅雨も明けるだろうか。

 

コロナ禍で休校もあった小学校の一学期も、来週早々には終わる。

 

息子の頭は、もう夏休み一色のようだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200718192806j:plain

 

いつもの川沿いの桜並木を歩く。

 

まだ出始めだからだろうか、鳴き声は上方から聞こえるものの、その姿は見えない。

 

ずっと木の枝を見上げながら歩くと、首と肩が岩のように固まってくる。

 

天井画を描く中世の画家も、こんな痛みと戦っていたのだろうか。

 

やがて、一匹の姿を分かれた枝の先に見つける。

 

おとう、とって!

 

いや、あれは高いぞ…

 

いいから、はやく!

 

急き立てられてタモを伸ばすも、その先よりも高い位置に蝉はいる。

 

意を決して、地を蹴る。

 

空中で、タモを大きく振る。

 

ジジジ…という声と冷たいしぶきを残して、蝉は飛び立っていった。

 

逃した。

 

息子は癇癪を起こし、私を責め立てる。

 

なんで逃がしたんだ!そもそもおとうが家を出るのがおそいから、セミがどっかににげていっちゃったんじゃないか!おとうがわるい!ぜったいにつかまえるまでかえらないからな!

 

………

 

いつもなら笑って過ごせるその癇癪も、今日はダメだった。

 

お前な、朝5時に叩き起こしてギャーギャー騒いで、クソ暑いなか蝉捕りにつきあってるのに、なんだその言い草は!ふざけるな!もう、二度と蝉捕りには付き合ってあげない!クワガタ捕りにも連れて行ってやらない!

 

と言いたくなったが、無言で広がる木の枝を見上げて歩く。

 

中世の画家も、せっかく描いた天井画に対して、ヌケヌケと「そうじゃないよ、こうだよ」とぬかすパトロンに、そんな思いを抱いたのだろうか。

 

無言の時間が続く。

 

おとうは、いつもきげんがわるくなるとだまる。

 

ぼそりと、息子がつぶやく。

 

ああ、そうだとも。相変わらずの5歳児だからな。でも、誰のせいだよ、まったく。

 

相変わらず、蝉の姿は見当たらない。

 

 

痛み、怒り、悲しみ、寂しさ…そうしたネガティブな感情は、実のところ外界の何かとは全く関係がない。

 

それを怒りや悲しみへと変換しているのは、自分自身でしかない。

 

外界の何がしかは、そのスイッチを押しただけに過ぎない。

 

息子に対する、このどろりとした嫌な感情は、なんだろう。

 

深く息を吐き、蝉を探して見上げる。

 

風が吹き、木々の葉がざわめいた。

 

夏であることを、忘れそうな、心地よい風。

 

あのころの風に、似ていた。

 

いまよりもだいぶ夏が涼しかった、あのころ。

 

夏休みは、祖母の家にいた。

 

実家とは近かったものの、違う学区にあったため、近くで遊ぶ友だちも、あまりいなかった気がする。

 

いつも、市民会館横の公園で、一人タモを振っていた。

 

蝉と、トンボと、蝶と、バッタと。

 

小さな虫たちが、友だちだった。

 

父と、昆虫採集に行った記憶は、ほとんどない。

 

幼いころの記憶が異常に薄い私のこと、覚えていないだけかもしれないが。

 

 

嫉妬。

 

その言葉が脳裏をよぎった瞬間、気分が悪くなった。

 

小さな我が子に、嫉妬している?

 

不惑も近くなって?

 

どうしようもなく恥ずかしいが、どうやらそうらしい。

 

幼い私が、切々と訴えるのだ。

 

ぼくも、おとうさんといっしょに、たくさんあそびたかった。

 

と。

 

いや、訴えることすらできずに、こちらを見てくるのだ。

 

口に出すことすらできなかった、その想い。

 

それを、目の前の小さな我が子が叶えることに、嫉妬している。

 

父が、私に無関心だったわけでもない。

 

時代が規定する仕事との関わり方、そして家族との関わり方というものも、あるだろう。

 

父は、父なりの愛し方で、私を愛してくれた。

 

ただ、それだけだ。

 

 

我が子に嫉妬している。

 

滑稽ですらある、その想い。

 

けれど、それに気づくと、こころは楽になる。

 

感情は、いつだって天邪鬼だ。

 

抑えると爆発し、感じると抜けていく。

 

無言のまま、木漏れ日の降り注ぐ空を見上げて、蝉の姿を探す。

 

いつの間にか、アブラゼミの声も聞こえてきたようだった。

 

いたぞ!あそこだ!

 

声を、上げる息子。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200718192823j:plain

 

お目当てのクマゼミアブラゼミ、2匹の入った虫かごをしげしげと眺める息子。

 

おとう、ありがとう。

 

その無邪気さは、ズルい。

 

幼い私の嫉妬も、また寂しさも、どこかへ霧散していくよう。

 

見上げれば、透明感のある青の空。

 

週明けにもう一雨くらい来たら、梅雨明けだろう。 

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________