大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

雨上がりの夕焼けは黄金色に染まって。

長雨が続く。

 

明けない、梅雨。

 

それでも、昼前からやさしくなった雨足は、昼過ぎには止んだ。

 

夕方には、雲の切れ目から陽の光も見えた。

 

その色は、夏の力強さというよりは、久しぶりに地を照らすやさしい色をしていた。

 

午後7時過ぎ。

 

先月の下旬、夏至の頃はまだ煌々と明るかったように覚えている。

 

それが、今日はもう夕暮れの気配がしている。

 

梅雨もまだ明けないのに。

 

夏が、気付かぬ間に通り過ぎて行ってしまいそうで、寂しさを覚える。

 

ぎらつくような、あの真夏の日差し。

 

1年前に仕舞ったそれを、こころの片隅から引っ張り出してくる。

 

生命力と、その裏返しの、はかなさと。

 

ふと。

 

入道雲の見える青空のもと。

 

朝顔のツルが巻き付いた鉢を小脇に抱え、家路を急ぐ風景が思い浮かぶ。

 

終業式を終え、夏休みに入った解放感。

 

透明感のある、その日差し。

 

誰の記憶だろう。

 

幼い頃の記憶の薄い、私のものではないような気もする。

 

それでも、抜けるように透明なあの日差しの色は、どこか懐かしい気もした。

 

日が暮れていく。

 

傾いた日差しの空は、夕闇へとその色を変えていく。

 

懐かしさは、寂しさへと形を変えていく。

 

留まることのない、その調色。

 

雲の色、空の形。

 

ふと、西の空。

 

f:id:kappou_oosaki:20200716174417j:plain

 

あの丸い看板の向こうに、日は落ちていく。

 

世界を黄金色に染めながら。

 

燃えるように、盛るように。

 

それでいて、うだるように、悶えるように。

 

夏、そのままに。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________