大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

ほんの小さな、「ふと」に従うこと。

例年以上に長引く梅雨も今日は中休みのようだったが、晴れ間は見えない。

 

分厚い雲が、空を覆っていた。

 

それは、訪れては過ぎ去っていく夏を、どこか惜しんでいるようだった。

 

気温はそれほどでもないが、湿気は高く蒸し暑い。

 

そんな朝の、道の混み具合はいつもと変わらなかった。

 

いつもの道、いつもの時間。

 

ふと。

 

ふと、「苦いコーヒー」が飲みたくなった。

 

目に入る、喫茶店の看板。

 

赤信号の間、逡巡する。

 

朝イチで、済ませておきたい仕事があっただろう?

缶コーヒーでも買っていけばいいんじゃない?

忙しい時間に、無駄なんじゃないの?

お金だって、そうじゃない?

 

いつもそうだ。

 

ツンと澄ました顔をして、あいつは諭してくる。

 

理、理性、理知。

 

り、あるいは、ことわり、というのは、なかなかに抗い難い。

 

言うまでもなく、それは自分のなかにある、一つの自己愛が発露した形ではある。

 

踏み外さないように。

損をしないように。

傷つかないように。

失敗しないように。

 

いつも「ことわり」を以て、見守ってくれている。

 

そのおかげで、安心することもできよう。

 

けれど、残念なことは、「正論」と「幸せ」はトレードオフの関係にあることだ。

 

「ことわり」も行き過ぎれば、毒になる。

 

ほんの、小さなこと。

 

ほんの、小さなことでも、 やらなかった後悔というのは、残る。

 

それは時に、失敗した痛みよりも、苛烈に自分を責める。

 

それもまた、一つの「ことわり」なのかもしれない。

 

ときに、「ふと」した声に従うこと。

 

丸い赤のライトが消え、青のライトが灯る。

 

ハンドルを、左に切った。

 

f:id:kappou_oosaki:20200715075013j:plain

 

「苦いコーヒー」のはずが、気付けば「ミルクたっぷりのカフェオレ」に変わっていた。

 

気まぐれな、「ふと」だ。

 

ほんの小さな、「ふと」で十分なのだ。

 

それに従うこと。

 

人もまばらの中、ピアノのBGMが流れていた。

 

ショパンだろうか。

 

優しいピアノの音が、沁みわたる。

 

手帳とスマホを取り出してはみたたものの、それを置いた。

 

もう少し、こうして椅子に身体を沈めていようと思った。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________