大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

願いも、望みも、目標も。なくてもいい。

誰しもが、自らの望みを叶えたいと願う。

 

だからこそ、願望実現や目標達成のハウツーなりが、いつの時代も求められる。

 

そう考えると、スピリチュアルな引き寄せであれ、ゴリゴリの外資系コンサルによるKPIなりの管理であれ、それほど大差がないように感じる。

 

そのいずれもに、どこか卑屈さと胡散臭さを感じてしまうのは、私が目標を設定するのが苦手だからか。

 

それとも、ある意味で未来に対して絶望しているからだろうか。

 

あるいは、目標設定~達成に精を出すことに、誰かと競争してしまい、その螺旋を降りてしまっているからだろうか。

 

未来のことは、誰にも分からないと、心底思う。

 

だからこそ、生きることに価値があるとも言えるのだが。

 

 

何がしかの目標を達成することは、ある種の困難をともなう。

 

精度の高いロードマップと、それによる中間指標を持ち、それを継続的にモニタリングして修正していく、不断の努力が求められる。

 

その努力が続かなくなる大きな要因の一つが、ロードマップの先にある到達点に対しての疑いである。

 

その到達点で待っているのは、ほんとうに自分が望んだものなのだろうか?

 

ほんとうに、自分はそれがしたいのか?

 

3歳児よろしく、ただ単に自分の持っていない玩具を、隣の子どもが持っているから「それが欲しい」と、欲求なり願望が喚起されただけなのではないか?

 

あるいは、自分ではない「親」や「時代」、「社会」あるいは「歴史」が規定した、何がしかの幻想を、自分の目標として刷り込まれているだけではないか?

 

こうした問いに対して、明確に「否」と答えられる人は、なかなか少ないのだろう。

 

そう、目標は達成する以上に、設定することが難しい。

 

その目標は、ほんとうに自分が望んだものなのか?

 

 

だからこそ、自分の心の声に耳を澄ませろ、と多くの偉人は語る。

 

身体、あるいは微細な感情をもとに、自らの心の声を聴け、と。

 

多くの幻想は「思考」から来ている。

 

アクションスターの台詞よろしく、「考えるよりも、感じろ」と。

 

雁字搦めの「思考」を紐解き、ただゆるくゆるく揺蕩う。

 

自らの心の中に、深い闇へとつながる穴があることを認める。

 

その宿痾のような穴を、塞ぐのではなく、ただその暗さの中に在ること。

 

そうすることで、ゆっくりと、ごくゆっくりと想起してくるものがある。

 

ごく小さな小さな、望み。

 

それは、ある人に会いたい、という望みかもしれない。

 

それは、しばらくごろんと横になっていたい、という望みかもしれない。

 

それは、空を眺めていたい、という望みかもしれない。

 

それは、ただ白湯を飲みたい、という望みかもしれない。

 

それは、ほんの小さな小さなものかもしれないが、その小さな小さな声を、掬い取り続けるということ。

 

それが、ほんとうの自分の望みを知る方法だ、と。

 

 

さて、ここまで進めた上で、そもそも論としての話に戻る。

 

果たして、自分の望みを知ることが、そんなに大切なのだろうか。

 

その「自分の望み」とは、前述したような「つくられた望み」と、何が違うのだろうか。

 

たとえば、以前にここでも紹介した「サピエンス全史」においてユヴァル・ノア・ハラリ氏は語る。

 

幸福が外部の条件とは無関係であるという点については、ブッダも現代の生物学やニューエイジ運動と意見を同じくしていた。とはいえ、ブッダの洞察のうち、より重要性が高く、はるかに深遠なのは、真の幸福とは私たちの内なる感情とも無関係であるというものだ。事実、自分の感情に重きを置くほど、私たちはそうした感情をいっそう強く渇望するようになり、苦しみも増す。ブッダが教え諭したのは、外部の成果の追求のみならず、内なる感情の追求をもやめることだった。

 

サピエンス全史(下巻) p.239

ユヴァル・ノア・ハラリ著、河出書房新社

 

キリストや孔子といった過去の偉人と同じように、ブッダもまた自ら言葉を書き残すことを一切しなかった。

 

今日伝えらているのは、彼らの周りが「子曰く」と書き伝えていったものだけであり、すべては二次情報である。

 

それでも、ここでハラリ氏が書いている、ブッダが教え諭したのは、内面の追求もまた、外部の成果の追求の合わせ鏡に他ならない、ということは、非常に重く感じられる。

 

外側に置いた目標のみならず、内面の追求もまた止めよ、と。

 

もし、このブッダの言う通りなのであれば、目標なき中、人はどう生きるべきなのだろうか。

 

 

いや、どう生きる「べき」という時点で、すでに何かに囚われているのかもしれない。

 

いつか見た故郷の空に、ただ、雲が過ぎ行くように。

 

いつか見た故郷の川に、ただ、川の水が流れゆくように。

 

それで、いいのかもしれない。

 

願いも、望みも、目標も、なくてもいい。

 

ただ、揺蕩うように。

 

ありのままを、ただそのままに。

 

そうしていると、時に誰かの望みを叶えていることもあろう。

 

流れるように、過ぎ行くように。

 

ただ、そのままに。

 

f:id:kappou_oosaki:20200708150513j:plain

行雲流水。

空を往く雲と、流れる水のように。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________