大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

七夕近し、真清田の空。

四季を味わう、という観点からすれば、梅雨の時期には雨の音を楽しむのが雅というものだろう。

 

されど、晴れた空の気持ちよさは、やはり何物にも代えがたい。

 

週間天気予報が雲と傘で埋まる中で、奇跡的によく晴れた文月の日。

 

一宮市は真清田神社を再訪した。

 

f:id:kappou_oosaki:20200702132230j:plain

朝の8時過ぎくらいに着いたのだが、夏の色をした空と心地よい風が迎えてくれた。

 

夏本番でも、これくらいの暑さなら…と思ってしまうが、それはそれで物足りなく感じるのだろうか。

 

前日の夜まで降っていた雨の気配はどこにもなく、かすかに参道の路面が濡れていた。

 

駐車場に車を停めてから、やはりこの楼門から入ろうと思い、一度境内を出る。

 

この楼門の雄大さは、青空がよく似合う。

 

f:id:kappou_oosaki:20200702131836j:plain

境内から楼門の外側を望む。

 

鳥居の奥に、駅前の商店街が見える。

 

この真清田神社とともに、歴史を刻んできた街並み。

 

f:id:kappou_oosaki:20200702132121j:plain

玉砂利の音が響く。

 

地元の方らしい参拝客が数人、拝殿へと歩いていく。

 

毎朝のルーティンにされているように感じる、自然さ。

 

鳥の鳴き声、木々のざわめき、玉砂利の音。

 

この微かな音たちが心地よくて、神社が好きだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200702132131j:plain

本殿には七夕の装飾が。

 

一宮という土地が繊維業で発達したという歴史から、「織姫」の出てくる七夕は特別な意味を持つらしい。

 

そういえば、もう来週が七夕だった。

 

季節のめぐりは、本当に早い。

 

f:id:kappou_oosaki:20200702132220j:plain

同じ境内の服織神社も、七夕の装い。

 

もうすぐ来る七夕を想い、こちらでも手を合わせる。

 

境内を歩きながら、先の桃の季節にこの真清田神社を訪れたことを思い出す。

 

あの時は、緊急事態宣言が出され、先の見えない感染症拡大に、緊張した世相だった。

 

仕事で近くまで訪れたのだが、それでも自粛ムードに、外出することにすら罪悪感のようなものを感じ、重たい気がしたものだった。

 

そこから、3か月ほど。

 

どんな時でも、時は流れ、季節は流れていく。

 

それは時に残酷であり、時に救いでもある。

 

今日、こうしてまた気持ちのよい青空の下、参拝に来れたことを嬉しく思う。

 

f:id:kappou_oosaki:20200702132109j:plain

 

私が好きなシルエットの木を眺めていたら、スーツの上からヤブ蚊に食われてしまった。

 

この痒みもまた、夏の風物詩なのだろう。

 

これ以上食われるのは勘弁願いたく、私はまた境内を歩き出した。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________