大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

水無月、府中への帰還。 ~2020年安田記念 回顧

ダービーが終わった後は、どうしても「祭りのあと」の虚脱感と弛緩がある。

 

あぁ、今年も終わってしまった、と。

 

けれども、翌週から行われる新馬戦と安田記念が、いつもその虚脱感を現実に引き戻してくれる。

 

私が競馬を見始めた頃は、夏の新馬戦と言えば、仕上がりの早い短距離血統が席巻するイメージで、注目馬は秋以降の開催でデビュー、というのが一般的だった。

 

それが最近は、早めにデビューさせてゆったりしたローテーションで、翌年のクラシックを勝つ注目馬や良血馬が、この6月開催の新馬戦でデビューすることもあり、夏の新馬戦から目が離せない。

 

今年も注目の良血馬あるいは新種牡馬の仔が、「一週目」からデビューに向けてスタンバイしている。

 

そして、安田記念

 

今年はあのアーモンドアイが出走してくれることになった。

 

ここを勝てば芝のGⅠ・8勝目、シンボリルドルフディープインパクトなどの名馬たちの持つ、芝のGⅠ・7勝を更新することになる、偉業のかかった一戦になった。

 

加えて豪州帰りのダノンプレミアム、昨年のクラシックを賑わせたダノンキングリー、東京マイルのレコードホルダー・ノームコア、昨年の春秋マイル王・インディチャンプ。

 

さらには、香港マイルを制圧したアドマイヤマーズ、昨年の桜花賞馬・グランアレグリアなど、出走14頭のうちGⅠ馬10頭と、史上最高のメンバーで春のマイル王を争うことになった。

 

祭りの後の弛緩があるダービーの翌週だが、寂寥感に浸っているわけにもいかないメンバーでの一戦となった。

 

 

前日に降った雨から、稍重のコンディションになった府中。

 

梅雨入り前だが、夏らしい空が広がっている。

 

アーモンドアイは、パドックから返し馬と、落ち着いて泰然自若としているように見えた。

 

5週連続の、府中に響き渡るファンファーレ。

 

全馬のゲートインが終わる。

 

息を呑んだ瞬間、声が出た。

 

水色に赤水玉の「シルク」の勝負服が、ゲートに突っかけたのが、見えたからだ。

 

どっちだ。アーモンドアイか、それともインディチャンプか。

 

その思考が働いた刹那、ゲートが開く。

 

出遅れたのは、アーモンドアイだった。

 

すぐにおっつけて中段に取りついていくが、このロスがマイルの猛者どもが揃った今回で、どう影響するか。

 

ハナを切ったのは、大外から快速を飛ばしてダノンスマッシュ。

 

それを露払いに、ケイアイノーテック、ダノンプレミアム、ダノンキングリー、アドマイヤマーズが続く。

 

ミスターメロディ、セイウンコウセイといったスプリント勢も、テンの速さを主張して先行争いを演じる。 

 

やはり、スプリント勢の強豪が参戦するマイル戦は、締まった流れになり地力が試される。

 

そこから馬群が切れたところに、グランアレグリア

 

結果的には、この激しい先行争いを見ながら、楽に追走できるこのポジションを取れた池添騎手のファインプレーだったのだろう。

 

その後ろにインディチャンプ、アーモンドアイが並び、ノームコアも末脚に賭ける。

 

直線に向き、各馬が横一線に広がる。

 

アーモンドアイは外に進路を確保するが、前走ほどの手応えはない。

 

坂を登ったあたり。

 

オレンジの帽子、グランアレグリアが突き抜ける。

 

アーモンドアイもようやくエンジンがかかって追い込んできたが、届かない。

 

グランアレグリア1着。

 

よく追い込んできたアーモンドアイが2着を確保、3着にインディチャンプ。

 

 

アーモンドアイはさすがの2着というべきだったが、芝のGⅠ勝利の新記録達成は成らず。

 

秋以降に、その偉業は持ち越された。

 

それにしてもグランアレグリアは、スタート、道中のポジション、仕掛け、そして直線の捌き。

 

すべてが噛み合った、完璧なレースだった。

 

勝利ジョッキーインタビューで、芝のキックバックが当たったという右目を腫らしながら、池添騎手は満足そうな表情を浮かべていた。

 

この人のここ一番での勝負強さは、やはり尋常ではない。

 

これでグランアレグリアの戦績は8戦5勝、GⅠは昨年の桜花賞に続いて2勝目。

 

圏外に敗れたのは、その桜花賞から中3週で挑んだNHKマイルカップ(5着、降着)のみ。

 

デビューから間隔を空けて、大切に使われてきたことで、持てる力を十二分に発揮できるのかもしれない。

 

そういえば、彼女がデビューしたのは、2年前のダービーの翌週である6月1週目の新馬戦。

 

デビューした水無月のはじめ、デビューした府中へ帰還した彼女は、現役最強牝馬を破るといて大きな大きな金星を挙げた。

 

アーモンドアイが負けたレース、ではなく。

 

グランアレグリアが勝ったレース。

 

そう語り継ぎたい、名勝負の余韻が残った。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200607164252j:plain

 

________________________

安田記念の思い出はこちらもどうぞ

[平成名勝負]1マイル1分37秒5の、最速〜1998年安田記念・タイキシャトル〜 | 競馬コラム&ニュース「ウマフリ」

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________