大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

芒種の空に。

日増しに気温が高くなり、真夏日を記録することが増えてきた。

 

いよいよ、夏である。

 

二十四節気では、「芒種(ぼうしゅ)」の時候に入った。

 

「芒(のぎ)」とは、稲や麦の穂先に見える針のような突起のことで、それらの種を蒔くのが、いまの時分とのこと。

 

梅雨入りするのも、この時期だ。

 

 

そう思って見上げた空は、青さが深みを増してきたようだ。

 

それは、もう夏の空の色のように見えた。

 

そういえば、最近空を見上げていないことに気づいた。

 

人間、思考的になると、視線はどうしても下を向くような気がする。

 

視線が下を向くと、必然的に顔も下を向く。

 

それは思考を張り巡らせ、地に足を着けることには、確かに役に立つかもしれない。

 

けれど、ずっとそれを続けていると、どうしても近視眼的になり、閉じる方向へ閉じる方向へと思考が向かってしまうのだろう。

 

上を向いて歩こう」とはよく言った(歌った?)もので、地に足を着けた後には、空の無限の広さを想う時間が必要だ。

 

 

空を見上げると、上を向く。

 

上を向くと、口角が上がる。

 

口角が上がると、笑顔になる。

 

笑顔になると、人は自由になる。

 

それまで現実的にしか考えられなかった思考が、自由に飛び回るようになる。

 

翼を、得たように。

 

夏色の空を、自由に飛び回る。

 

 

いつの間にか、雲は流れて形を変えていく。

 

空を、見上げよう。

 

芒種の、空を。

 

f:id:kappou_oosaki:20200605102931j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________