大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

雨上がり、いつか見た花は夏色に。 ~愛知県一宮市・真清田神社

一宮市は真清田神社を訪れた。

 

以前にここで書いたこともあるが、私の生国である「尾張国」の「一之宮」が、この真清田神社である。

 

ありがたいことに、いまの仕事の絡みで近くに寄ることがあり、その都度少し早めに来て、お参りさせて頂いている。

 

f:id:kappou_oosaki:20200519170838j:plain

 

この日は明け方まで雨が強く降っていたが、家を出るころには止んでいた。

 

この時期は気温がどんどん上がっていくので、身体が慣れるまで大変だが、そうかと思うと、雨が降ったりして気温が下がったりする。

 

雨上がりの湿気に、梅雨の時期の香りがする。

 

f:id:kappou_oosaki:20200519170828j:plain

 

楼門は、今日も威風堂々と。

 

曇り空の下だと、威厳が増して見えるような気もする。

 

f:id:kappou_oosaki:20200519170815j:plain

 

本殿にお参りを。

 

「今日ここに来ることができまして、ありがとうございます」

 

柏手を打ち、手を合わせると、いつもその想いが思い浮かぶ。

 

それは、大きな社でも、近所の神社でも、同じような気がする。

 

f:id:kappou_oosaki:20200519170943j:plain

 

参拝を終えると、ふと緑が気になった。

 

楼門を出た脇。

 

葉が生い茂り、夏色を思わせる。

 

そういえば。

 

前回ここを訪れたときのことを、思い出す。

 

見事な桃の花が、咲いていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200519171108j:plain

 

前回撮った、同じ桃の木。

 

1か月前だろうか。

 

コロナ禍の下で、この二色の桃の花が、その張り詰めた心を慰めてくれたことを覚えている。

 

f:id:kappou_oosaki:20200519171118j:plain

 

空から降り注ぐような、鮮やかなピンクと赤。

 

三月の「桃の節句」で飾られるように、この花は霊力を持ち、悪霊や疫病を払う力があるそうだ。

 

真清田の神さまと一緒に、この地を見守っていてくださったのだろうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20200519170952j:plain

 

いまは、青々と生い茂り、豊かな生命力を示しているようだ。

 

春から夏へ。

 

季節は、めぐる。

 

時は、流れる。

 

f:id:kappou_oosaki:20200519170934j:plain

 

境内の樹木の苔に、積み重ねてきた時を想う。

 

また、ここに寄ろう。

 

桃の木に、会いに来ようと。

 

そのときは、桃の木はどんな姿を見せてくれるのだろうか。

 

私はまた、「今日ここに来ることができてよかった」と思うのだろうか。

 

________________________

〇ご案内

私が執筆した作品の朗読会が開催されます。

5/23(土)22時~「新月の夜のオンライン朗読会」

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________