大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

雨、桜、名残、蕾。

夕方から降り始めた雨は、夜半には本降りに変わった。

 

春の、嵐。

 

雨の音を聴きながら眠るのは、どこか懐かしい記憶を想起させる。

 

されど、それがいつの記憶なのか、よく分からない。

 

布団の中で聴く、屋根を叩く雨の音のあの感じは、実家の感じのような気もする。

 

目覚めると、雨はやんでいた。

 

桜が、気になった。

 

 

たとえば季節の食材を表すのに、「走り」、「旬」、「名残」がある。

 

その食材が出回り始めた時期を「走り」、脂が乗ったりしてその食材が食べごろを迎える最盛期が「旬」、そして旬が過ぎてもうそろそろ終わりを惜しむ「名残」。

 

「初鰹」という言葉に表されるように、「走り」を珍重する向きもあれば、「落ち鱧」のように名残を惜しむのも風情がある。

 

それでも、やはり重宝されるのは、「走り」なのかもしれない。

 

その貴重さや、季節を先取りする感じが、風流といえるのかもしれない。

 

あるいは、着物の柄。

 

その季節そのものの柄は野暮であるとされ、少し先の季節の柄を合わせることが好まれる。

 

四月の中旬も過ぎた今ならば、さしずめ桜というよりも、菖蒲だろうか。

 

めぐりゆく季節の、その先にいつも人は視線を合わせてきたのかもしれない。

 

 

それでも。

 

桜は、名残を愛でたくなる。

 

その散り際、花びらの吹雪を愛でながら、来年の再会に想いを馳せたくなる。

 

言い古されてきたことなのだろうが、どこか日本の死生観を体現しているような、その咲き方、散り方、その淡い色合い。

 

名残とともに味わう、寂しさと、愛しさ。

 

愛しさは、もちろん「かなしさ」と読んでもらっても構わない。

 

それは、強いモルトの余韻のような。

 

 

桜は、まだ咲いていた。

 

この雨で多くの花を散らしたようだが、それでも。

 

咲いていた。

 

時おり滴る雫が、どこか事後の気怠さにも似ていた。 

 

どの花も、お辞儀をしたように、下を向いていた。

 

けれど、一つの枝には、まだ蕾が残っていた。

 

風雨に耐えた蕾は、いつ咲くのだろうか。

 

曇天の空の下。

 

名残の桜、名残の蕾。

 

f:id:kappou_oosaki:20200418201829j:plain

名残の時期に蕾。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________