大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

関係性の順番 ~人と人の関係性は、シーソーのように。

永遠に続く冬がないように、過ぎない春もまた、無い。

 

消えては生じる輪廻のように、あるいは運命の火車のように。

 

すべては順番にめぐり、すべては繰り返す。

 

 

人と人の関係性もまた、そのような順番の中にある。

 

教師と、生徒。

上司と、部下。

惚れる側と、惚れた側。

リーダーと、フォロワー。

子どもと、親。

自立している側と、依存する側。

 

どのような関係性であれ、その関係性が続くのであれば、各々の立場はいつか入れ替わる。

 

教えていたのに、いつの間にか教えられていた。

向こうが熱心だったはずなのに、いつしか自分が執着している。

引っ張られているうちに、気付けば先導する立場に。

あんな親にだけはならないと思っていたのに。

頼りにしていたはずなのに、いつの間にか物足りなく見えてしまった。

 

それは、関係性の成熟のサインであり、また関係性が壊れる危険性を孕む瞬間でもある。

 

いままで優位的な立場にいたはずの側が、その立場の逆転に耐えかねた場合。

そして、

いままでフォローに回っていた側が、新しい世界を観てそれに惹かれてしまった場合。

 

それは別れ話になり、疎遠になり、あるいは絶縁になったりする。

 

いずれの場合も、それまでの立場がひっくり返るとき、その関係性は終わりを告げる契機になる。

 

けれど、よくよく考えてみれば。

 

別れ、疎遠、絶縁したところで、関係性は終わらない。

 

たとえ今生の別れがあったとしても、それは関係性の終わりを意味しないのかもしれない。

 

 

幼い私は、シーソーを「ぎっこん、ばったん」と呼んでいた。

 

父方の実家の近く、大きな川が流れる公園で、日が暮れても遊んでいた。

 

身体が浮いたかと思えば、すとんと落ちる。

 

すぐに、また身体がぐっと浮いて。

 

私の反対側に座っていたのは、誰だろう。

 

祖母だったのか、それとも、姉だったのか。

 

人と人の関係性は、シーソーのように。

 

惚れられた側にふわふわと座っていたと思えば、いつの間にか惚れた側にドスンと落ちる。

安心して教えられる側に座っていたのに、気付いたら教える側にぐいっと浮いたりする。

 

季節が巡るように、輪廻の車輪が回り続けるように。

 

それは繰り返す。

 

幼い私は、ちょうど中間で、ふわふわと浮いている状態に、どうにかしようとする。

 

座る位置、身体の向き、体勢を、調整しながら。

 

ちょうどバランスが取れる地点が、確かにあった。

 

人と人の関係性も、同じで。

 

ちょうど、バランスが取れる状態が、確かにあるのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20200404221116j:plain

過ぎ行く春、咲く春。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________