大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

流れとよどみ、過ぎゆく春。

残暑や余寒、あるいは晩秋といった言葉には、どこか過ぎゆく季節への目線がある。

 

けれど、晩春という言葉には、それが薄いように感じる。

 

晩春の頃は、清明あるいは小満のころ。

 

新緑で生命の力が最も輝くとき、人は過去を煩うのではなく、未来を想う。

 

過ぎゆく春に想いを馳せることは、少ない。

 

だからという訳ではないだろうが、

 

過ぎゆく春、というのはどこか切なく、胸をきゅっと締め付ける。

 

f:id:kappou_oosaki:20200315195905j:plain

 

ほんの少し前まで咲き誇っていた梅の花

 

ふと見ると、その枝に一輪の花弁しか残っていない。

 

その凛とした咲き方を愛でながら、その先の春の終わりを想う。

 

f:id:kappou_oosaki:20200315195855j:plain

 

過ぎゆくものというのは、いつも切ない。

 

それは、失われることの切なさではなく、失われることが分かっているの切なさだ。

 

あの雪の日、かじかむ手に息を吐きかけながら作った雪だるまのように。

 

f:id:kappou_oosaki:20200315195845j:plain

 

失われるものは、いつも尊い

 

それは、「いま」の唯一性と絶対性を、強固に主張する。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200315200225j:plain

 

明日には吹雪のように散る、この可憐な雪柳のように。

 

それでも、きょう、いま、この瞬間を咲き誇るように。

 

失われるものは、いつも尊い

 

f:id:kappou_oosaki:20200315200215j:plain

 

古今東西、どの世界の賢者も口を揃えて伝えることがある。

 

変わらないものなど何もない、と。

 

もし、そうだとしたら。

 

世のすべてのものが変わり、移ろい、失われていくものだとしたら。

 

この目に映るものは、すべて尊いという三段論法も成り立つのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20200315200130j:plain

 

月を輝かせ、四季をめぐらせ、暁の空を照らし、そしてこの星を動かす力。

 

その力を凝縮したような、桜の蕾を眺めるとき。

 

やはり想いは葉桜と、その周りの桜吹雪へと。

 

移り変わるものは、いつも儚く美しく、そして尊い

 

自らがどうあろうとも、進むときは勝手に流れ、留まるときは何をしても淀む。

 

それは美しく、訪れる。

 

ちょうど、春になれば桜が咲くほどの自然さと、美しさをもって。

 

流れと、よどみ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200315200140j:plain

 

朝がやってくる。朝が去っていく。

 

夜が訪れる。夜が戻っていく

 

幸せが訪れる。幸せが去っていく。

 

苦悩がやってくる。苦悩が消え去っていく。

 

花が咲いていく。花が吹雪いていく。

 

星々が輝く。星々が消えゆく。

 

春がやってくる。春が過ぎゆく。

 

けれど、あなたはその中にはいない。

 

 

あなたは、どこへも行かない。

 

ただ、ここにいる。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________