大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

桃始笑、ももはじめてさく。

二十四節気、七十二侯を追っていくと、季節というものはほんとうに立ち止まらないものだと痛感する。

 

ほんの少し前に啓蟄に入ったような気がするが、七十二侯ではその次候の時節だ。

 

桃始笑。

ももはじめてさく。

 

桃のつぼみが開き、花が咲き始めるころ。

 

3月といえば、桃の節句が思い浮かぶが、その花が咲き始めるのが、いま時分なのだそうだ。

 

そして旧暦のひな祭りにあたる4月上旬にかけて、満開を迎える。

 

何より美しいのは、「笑う」という表現だ。

 

昔は花が咲くことを、「笑う」という言葉で表現したことからきているが、その表現の美しさよ。

 

桃の花が咲く。

桃の花が、笑う。

 

ゆっくりと蕾を開かせる春の花に、微笑みを見る美意識。

 

「山笑う」とは、芽吹き始めた山を形容する春の季語でもある。

 

まだ寒風吹きすさぶ中、先駆けて咲く梅。

柔らかな日差しに笑う桃。

そして春の名残りを綺麗に散らす桜。

 

古来より、私たちはそれらの花たちを愛で、その微笑みに癒されてきた。

 

桃始笑。

 

何とも美しいこの言葉で、春を愛でよう。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200313165653j:plain

伊豆シャボテン公園で見た、桃の節句

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________