大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

3月11日。

3月11日。

 

水曜日。

 

予報通りに、よく晴れていた。

 

濡れたアスファルトは、夜半まで雨が降っていたことを教えてくれた。

 

けれど、よく、

 

晴れていた。

 

3月11日。

 

よく、晴れていた。

 

 

多くの人にとって、特別な意味を持つであろう、その日付。

 

当たり前が当たり前でないことに、想いを馳せる、その日付。

 

されど、私にとっては、3月10日の次の日という想いの方が、強い。

 

kappou-oosaki.hatenablog.jp

痛み、というものがそうであるように。

 

悲しみというものは、どこまでも個人的な領域にある。

 

他人の親知らずの痛みを、共有することができないように。

 

全体としての悲劇は、原理的に存在し得ない。

 

だからこそ、私たちは言葉を紡ぎ、心を寄り添わせるのだが。

 

共有はできなくとも。

 

共感はできるのかもしれない。

 

それができなくても。

 

忘れないことは、できる。

 

 

もし、忘れられないのなら。

 

ただ、身を委ねよう。

 

放棄しよう。

 

身を任せ、沈もう。

 

何時間でも、何日でも。

 

沈んで沈んで、その底で、

 

祈ろう。

 

浮かんでは消える、うたかたのような想いを添えて。

 

 

母を想うとき、私は不在を想う。

 

それは、母そのものの不在でもあり、

 

もしかしたら、

 

母とともにいたはずの自分の不在なのかもしれない。

 

3月11日。

 

あのときの、あの空は、まだ同じ色をしているのだろうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20181207200149j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________