大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

蟄虫啓戸、すごもりむしとをひらく。

今日は啓蟄。 

 

七十二侯では蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)、土の中で冬眠していた虫や蛇、蛙、とかげなどの生きものたちが、這い出して来る時候。

 

早春の光を浴びて温まった土から顔を出した生きものたちは、久しぶりの風を浴びて春の訪れを告げてくれる。

 

f:id:kappou_oosaki:20200304001514j:plain

 

ほんとうに、ここのところ陽の力がどんどん強くなっていくようだ。

 

これまでと同じ服装で少し歩くと、汗ばむくらいの陽気。

 

それでも、頬を撫でる風は冷たく。

 

移り変わりの時期。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200304001523j:plain

 

木々の緑も、少しずつ少しずつ色が鮮明になってきているようだ。

 

冬のモノクロの世界から、カラーの世界へ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200304001505j:plain

 

近所の公園にも、多くの子ども連れが。

 

陽気に誘われたのか、学校が休校になって遊びにきたのか。

 

私も、その両方なのだが。

 

思いがけぬ形でめぐってきた、子どもとふれあう時間。

 

ゆっくりと味わいたいと思いながら。

 

f:id:kappou_oosaki:20200303165552j:plain

 

晴天に映える紅梅。

 

あちこちで咲く花たちが、目に留まるようになってきた。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200304001619j:plain

 

咲き始めた雪柳。

 

春の陽気に誘われて、白と黄色の小さな花が咲き始め。

 

この雪柳が散るときが、また美しくて好きだ。

 

麗らかな春の風に舞う、小さな白い吹雪。

 

f:id:kappou_oosaki:20200304001610j:plain

 

木蓮も、開花間近。

 

調べてみると、開花の時期に葉をつけないという珍しい性質を持つとのこと。

 

咲いても花びらは完全に開き切らないのが、奥ゆかしい。

 

花が咲いているのは2、3日程度のわずかな時間だそうで、そこに立ち会えることを喜ぶ。

 

 

すごもりむしとをひらく。

 

虫も、とかげも、カエルも、巣穴から這い出てくる陽気。

 

久しぶりに見る春の光と、まだ少し冷たさの残る風を浴びて、生きものたちは大きく伸びをするのだろう。

 

その視線の先には、咲き始めた色とりどりの花たちが。

 

世相は暗く、ままならぬことはあれど、季節はめぐっていく。

 

巣ごもりしたくなるときは、花を愛でに行くのもいいのかもしれない。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________