大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

桃の節句に、娘を想うこと。

「どうせ、おとうは、僕よりも娘のほうがだいじなんでしょ」

 

罪悪感を刺激するのが得意な私の息子の、最近トレンドの手口だ。

 

罪悪感にまみれるのが大好きな私と、拗ねて無力感に浸りたい息子との凹凸は、どうもぴったりのようだ。

 

そもそも、ほんとうに息子がそう信じていたら、そんなことは怖くて聞けないのだが。

 

だから、それは(私の)エゴが見せてくれる、コントの一つなのだ。

 

そうじゃないよ、と笑ってあげるのが吉、なのだろう。

 

 

そうじゃないよ、とはいいつつも。

 

娘、という存在は、男親にとって特別な存在だ。

 

息子とは、「だいじ」のベクトルが違う。

 

それは、他のどんな関係性とも違う「だいじ」なのだ。

 

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

以前にこんなエントリーを書いたが、その存在が世界にあることだけで、喜びなのだ。

 

ただただ、愛おしく。

 

そのような存在の前では、私自身の不完全さも、罪深さも、いびつさも、どうでもいいことのように思えてしまう。

 

そう思うようになってから、私の中で、世の女性というものの見方も少し変わったような気もする。

 

 

暖かな陽射しと、まだ冬を感じる冷たい風。

 

息子と娘と公園を歩く、春の日。

 

自立の過程なのか、何でも親なしでやりたがる息子のおかげで、行き違いになったりドタバタとした日だった。

 

入れ違いになってしまった娘を探して、近所の公園まで慌てて走って戻ったり。

 

娘の姿が見えなくなると、なぜこんなにも平静を保てなくなってしまうのだろう。

 

我ながらに不思議に思う。

 

娘は、私がパンクを修理しに行った自転車店に、一人で歩いて行っていた。

 

通学路なのだが、あらためて大きくなったなぁ、と思う。

 

抱っこすると、ずっしりとその身体の重みを感じる。

 

あんなに小さかった身体が、もう軽々と抱っこもできなくなっていくのだろう。

 

両の手に余るくらいの喜びと、その裏返しの寂しさと。

 

 

まだ冷たい春の風に吹かれて歩く、道すがら。

 

ピンクの花が咲いていた。

 

紅梅だったけれど、

 

そういえば、今日は桃の節句だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200303165552j:plain

白梅には曇天が。紅梅には晴天が、よく似合い。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________