大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

催花雨に緑は萌え、春は訪れる。

ここのところ、雨が降ったり止んだりしている。

 

夜半に降る雨、日中に降る雨。

まだ冬のような冷たい雨、どこか暖かな気配の雨。

湿った香りのする雨、柔らかな雨。

 

一つ一つの雨に、表情があるようだ。

 

この「雨水」の時期に降る雨を、「催花雨(さいかう)」と呼ぶことがある。

 

植物の成長を助け、花が咲くことを催す雨。

 

「雨水」に降る雨には、そんな美しい名がついている。

 

七十二侯では「草木萌動(そうもくめばえいずる)」の時候。

 

足もとや木々の枝の先に、ほのかな緑に色づき始めた新芽を見るころ。

 

草木は芽吹き、眠っていた生命が目を覚ます。

 

春、近し。

 

 

陰の世界から、陽の世界への、転換点。

 

その転換期には、やはり陰の部分が出やすいのかもしれない。

 

三寒四温の言葉の通り、暖かさは寒さとともにやってくる。

 

それは人の感情にしても同じで。

 

どうしても怖れ、怒り、悲しみ、自己否定などが出やすいのが、この時期のようにも思う。

 

そうした「怖れ」といった部分は、遠ざけたくなるものだが、それを認め受け入れることが大切なのだろう。

 

「ああ、寒さが戻ったね。そういう時期も通っていくんだね」

 

と言うのと同じように、

 

「ああ、怖いんだね。自分の中に、まだそういう部分があったんだね」

 

と。

 

否定して抑え込もうとすればするほど、抑圧されたそれらの声は大きくなる。

 

寒と暖とをいったりきたりしながら、季節はめぐっていく。

 

陰と陽とを繰り返しながら、世界は回っていく。

 

怖れと愛を両の手に抱きしめしながら、人生は進んでいく。

 

ただ、流れのままに、あるがまま。

 

 

その繰り返しのはざまに降るのが、催花雨なのかもしれない。

 

寒と暖のあいだに、陰と陽のあいだに、怖れと愛のあいだに。

 

潤いと、恵みと、喜びを。

 

催花雨に緑は萌え、春は訪れる。

 

f:id:kappou_oosaki:20200302163130j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________