大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

コッコさんを探して ~小雨閏日の熱田神宮 訪問記

閏日の墓参りの帰り道、熱田神宮に参拝した。

 

ニワトリが放し飼いにされていると息子に説明したところ、興味を示した。

 

少し雨がぱらついていたが、熱田の杜を歩くことにした。

 

f:id:kappou_oosaki:20200301153614j:plain

ちょうど午後3時過ぎに着いたが、正門前の駐車場も空いていて停めることができた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200301153605j:plain

 

少し雨が降ってきたり、止んだりと不安定な天気だったので、傘を持って鳥居をくぐる。

 

f:id:kappou_oosaki:20200301153555j:plain

 

新型肺炎の影響か、それとも天候のせいか、参道には人が少なく。

 

静かな中に、玉砂利の音が響く。

 

参道の端は、大きな樹木のおかげで、濡れずに歩くことができた。

 

都会の中心部に、こんな静かな場所があるのは、ありがたいものだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200301153821j:plain

 

手水舎の前で、雨宿りしているコッコさんを、娘が見つけた。

 

放し飼いになっている彼らに挨拶をして、喜ぶ息子と娘。

 

肌寒い気温のせいか、コッコさんは時おり毛づくろいをしながらじっとしていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200301153812j:plain

 

コッコさんの仲間を探しながら、正殿へ着いた。

 

やはり、かなり参拝客は少ないようだ。

 

静かな拝殿前で、柏手を打った。

 

f:id:kappou_oosaki:20200301153803j:plain

 

拝殿の脇では、梅が満開だった。

 

嗅覚が鈍い私の花にも、その香りは十分に感じられた。

 

やはりこの梅の香りは、如月の時期がよく似合う。

 

春がほんとうに感じられる前だからこそ、趣があるのだ。

 

雨の匂いが入り混じったその香りを、しばし堪能させて頂いた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200301154008j:plain

 

お目当てのコッコさんは見当たらず、せっかくなので「こころの小径」へ。

 

この先にある、天照大御神の荒御霊を祀った「一之御前神社」にも参拝して、ぐるりと本殿を回る道を通る。

 

時おり、雨が強くなってきたりもしたが、木々のおかげでそれほど濡れず。

 

この小径を歩いていると、名古屋の真ん中にいることを忘れてしまう。

 

一歩、また一歩と歩くたびに、無心になるようだ。

 

そして小径を抜けた先の、宝物館は設備工事のため休館中だったが、その脇にいらっしゃった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200301153958j:plain

 

あまりにも自然に、境内に溶け込んでいらっしゃる。

 

f:id:kappou_oosaki:20200301153950j:plain

 

近所の幼稚園で見るニワトリと違って、逞しく大きな身体。

 

息子と娘と、しばし一緒に遊んでいただいた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200301153942j:plain

 

少し雨が強くなってきたので、参道を後にすることにした。

 

小雨閏日の神宮は、どこか景色の輪郭がぼやけていて。

 

参拝客も少なかったせいか、ぱちんと消えゆく泡のように、どこかはかなく、また現実は慣れしたような時間だった。

 

コッコさんに会えて満足そうな息子と娘を乗せて、私は車を出した。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________