大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

断酒日記 【481日目】 ~淡々としながら、断酒仲間のチャレンジを祝う日々

ここのところ、お酒について書いていなかった。 

 

誰かと会食があったりすると、たまにお酒を飲みたい欲が出てくるが、それも過ぎ去ってしまえば、忘れてしまう。

 

「忘れてしまう」ということは、それほど大切なものでもないのだろう。

 

寝ても覚めても、そのことばかり考えてしまうモノ。

 

どうやら私にとって、お酒はそうしたモノではないのかもしれない。

 

気付けば、断酒して481日を数えていたが、もうあとは数字が積み上がっていくだけで、それほど意味もないのなのだろう。

 

淡々と、粛々と。

 

そんな表現が、しっくりくる。

 

 

お酒は、私に居場所を与えてくれた。

 

それは、心地よいいつものお店であったし、張り詰めていた心の緊張を緩めることでもあったし、あるいはお酒の場での打ち明け話であったり。

 

それは私にとって、つながりと陶酔感を与えてくれた。

 

自らの心の傷と、もとからの大容量の寂しさを自覚していなかった頃の私にとって、それは大きな救いだった。

 

人生のタラレバは酒の肴くらいにしかならないが、もしお酒がなかったら、私はその傷と寂しさをどこにぶつけていたのだろう。

 

そう考えると、お酒があってくれて、ほんとうによかったと思う。

 

その傷と寂しさを自覚したいまとなっては、飲んでも飲まなくても、どちらでもいいように思える。

 

 

悩んでいることは、たいていその人の問題の本質ではない。

 

飲むのか、飲まないのか。

続けるのか、辞めるのか。

行くのか、行かないのか。

愛するのか、別れるのか。

 

二択になってしまった時点で、もうその人の視点は近視眼的になっている。

 

その状態では、「どちらを選ぶか」という答えしか模索できない。

 

ほんとうのところ、そのどちらを選んでも、たいして違いはないのかもしれなくて。

 

どちらも正解かもしれないし、どちらも不正解のこともあろう。

 

「その問題が、自分に突き付けてくる問いかけとは何か?」を考える視点が、必要なのだろう。

 

問題の解決とは、忘却であるという。

 

どちらが正解か?で悩む問題は、どちらを選んでも解決しない。

 

その問題が、どちらでもいいと思え、頭から離れてしまうとき。

 

それが、忘却という問題の一番の解決なのだろう。

 

 

さて、同じような時期に断酒を始めた岩橋隆盛さんは、ライフワークカウンセラーとして、先日、初のワークショップを共催された。

 

ameblo.jp

 

やはりタラレバにあまり意味はないが、断酒が大きな契機だったことは、岩橋さんもブログで書いておられる。

 

その岩橋さんの姿を見ていると、もう少し飲まなくてもいいかな、とは思っている。

 

何はともあれ、岩橋さん、おめでとうございました&おつかれさまでした。 

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________