大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

来ない男、待つ男。

またか。

どうせ、来ないんだろうな。

 

そう、思ってしまった。

 

息子から、また近所のヨウイチ(仮)くんと遊ぶ約束をしてきたことを聞いたときの、私の偽らざる心情だった。

 

また約束を破られて、ガッカリする息子を見たくないのと、その後で私に八つ当たりされるのが面倒だということも、正直なところだ。

 

 

3ヵ月ほど前に、息子はアフタースクールの友達と休日に遊ぶ約束をして、初めて子どもたちだけで遊んできた

 

子どもの成長の速さに驚き、その後にも同じように子どもたちだけで遊んだことが1回あったのだが、あるときからヨウイチくんは約束の時間に現れなくなった

 

約束をすっぽかされるたび、息子は荒れた。

 

週明けに息子が聞くと、ヨウイチくんは「急に用事が入った」と謝るらしく、またヨウイチくんの方から週末に遊ぶ約束をしてきたと言う。

 

けれど週末になると、ヨウイチくんは約束の時間に現れない。

 

また週が明けると、ヨウイチくんは釈明して新たな約束を息子と交わす。

 

また、週末に待ちぼうけを食らう。

 

またまた、週明けにヨウイチくんは釈明し…

 

というやり取りを、もうすでに5回以上は繰り返していた。

 

律義に約束を守ろうとする健気な息子に、毎回付き合いながら、なぜヨウイチくんは現れないのだろう、と訝しがった。

 

そして、毎回約束を破るのに、なぜ毎回新たな約束を取り付けてくるのだろう。

 

来ない男、待つ男。

 

それは凹凸のようにぴったりと形が合ってしまったのか、約束は履行されないまま重ねられていくのだった。

 

 

なあ、なんで、ヨウイチくんは毎回、来ないんだろうな。

 

息子に、聞いてみたことがあった。

 

わかんない。

あいつ、きっとやくそくしたのに、さむいからいやになったりしたのかも。

もしかしたら、Youtubeをみたいとかで、めんどくさくなったのかも。

 

ヨウイチくんの夢は、Youtuberらしかった。

 

それにしても、子どもながら約束を破ることに、罪悪感はあるはずだ。

 

それなのに、悪びれもせず、毎回毎回約束を取り付けてくるのは、なぜだろう。

 

もしかしたら、息子はからかわれているのか。

 

ただ、ヨウイチくんと実際に会って私も遊んでもらった感じでは、そんなことをしそうな感じは受けなかった。

 

ますます、謎は深まるばかりだった。

 

確かに、息子の言う通り面倒になったのかもしれない。

 

けれど、もしかしたら、もしかしたら、ほんの紙のような確率かもしれないが、これまで毎回、「止むを得ない理由」で来れなかったのかもしれない。

 

息子には、

 

そうだな。

ヨウイチくんのことは、ヨウイチくんにしかわからないよな。

でも、もしかしたら、ヨウイチくんは来たかったけど、何か言えない理由があるのかもしれない。

もし、もし、そうだとしたら、ヨウイチくんからすると、信じてもらえないことは、すごくショックかもしれない。

だから、決めつけはしない方がいいんじゃないかな。

「ヨウイチと遊びたかった」って、自分の気持ちを伝えられるといいな。

 

とだけ言っておいた。

 

それでも、言いながら、私も毎回約束を破るヨウイチくんを、疑っていた。

 

ガッカリしてションボリした息子を見たくないし、毎回その後で荒れて私に八つ当たりされるのも、いい加減しんどいから。

 

 

そんな息子が、土日の両方にヨウイチくんと遊ぶ約束をしてきたと聞いたときの、私の心境が、冒頭のものだ。

 

どうせ、来ない。

 

果たして、土曜日にヨウイチくんは現れなかった。

 

通常運転だ。

 

そして迎えた日曜日、約束の2時に、約束の橋に向かう。

 

案の定、ヨウイチくんの姿は、ない。

 

ヨウイチくんのマンションを知っている息子は、そこまで行くと言う。

 

これもまた、毎回の流れだ。

 

日曜の午後、静かな通りから見えるそのヨウイチくんのマンションの前に着く。

 

親子連れが一組出てきただけで、ヨウイチくんの姿は見えない。

 

何度も、マンションの周りを自転車でくるくると回る息子。

 

時計は、もう2時15分を回っていた。

 

もう、帰る。

 

戻ってきた息子は、力なくそう呟いた。

 

私も、無言で頷いた。

 

ヨウイチくんのマンションの前の道を曲がって、橋の方に走っていく。

 

 

そのときの息子の表情を、私はずっと覚えているのだと思う。

 

ヨウイチくんが、向かいから走ってきた。

 

以前に見た、あの黄色の少しサイズの小さな自転車に乗って。

 

なぜか、私の頭の中では、2000年の有馬記念の直線の実況が勝手に再生された。

 

オペラオー来た!

オペラオー来たっ!!

オペラオー来たッ!!!

 

えげつないくらいの徹底マークにより、4コーナーでは絶望的な位置にいたはずなのに、馬群を縫って追い込んできた、テイエムオペラオー和田竜二騎手のように、ヨウイチくんが見えた。

 

ヨウイチ来た!

ヨウイチ来たっ!!

ヨウイチ来たッ!!!

 

ミレニアムの有馬記念の直線を思い出して興奮する私。

 

あの有馬記念テイエムオペラオー単勝馬券を握りしめていた多くの人は、最後の直線で、いまの私と同じ顔をしていたのだろうか。

 

そんなことを考える私をよそに、「おせえよ」と冷静にヨウイチくんに突っ込む息子。

 

きのうは、なにしてたんだよ。

 

と続ける。

 

ヨウイチくんの顔が歪む。

 

あぁ、そうか。彼もまた、罪悪感にまみれていたのだ。

 

おばあちゃんのいえにいってたり…

あとは、おかあさんが、かってに、ほかの子とあそぶやくそくするなって…

 

やはり、ヨウイチくんには、ヨウイチくんなりの事情があったのだ。

 

思い当たるフシが、あった。

 

2回目かに遊んだとき、夢中になり過ぎた二人は、日が暮れるまで遊んでいた。

 

それで、ヨウイチくんの親は、心配して遊びに行くことを禁じたのかもしれない。

 

それでも、遊びたい。

 

募る罪悪感にもめげず、ヨウイチくんは、毎回息子を誘ってくれたのかもしれない。

 

そう考えると、これまでのすっぽかされた約束が、どこか大切な時間のように思えた。

 

息子は破顔一笑した後、もう「男の子」の顔になっていた。

 

もう、おとうはついてこなくていいから。

 

とそっけない態度に変わる。

 

友達の前では、恥ずかしいのだろう。 

 

そりゃ、そうだ。

 

それでも、そのためについてきたのだから、と交通量の多い大通りを渡るまで見送った。

 

 

いつか、息子がいまを振り返ったとき。

 

何度もすっぽかされた約束を思い出すのだろうか。

それとも、夢中になって二人で遊んだことを、思い出すのだろうか。

 

翻って大人の私は、

ヨウイチくんのように、誘えるのだろうか。

息子のように、信じて待つことができるのだろうか。

 

そんなことを考えながら、自宅への道を歩く。

 

風はほのかに暖かく、いつの間にか陽射しは力強くなっていた。

 

来ない男、待つ男。

 

それぞれの季節が、めぐっていたのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20200224223251j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________