大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

あたりまえと、ありがとう。

今日のエントリーを書こうとパソコンをつなげる。

 

スマートフォンでも書けるのだが、やはりフリック入力よりもキーボードの方が早いし、どうも「書いている」気になるので、もっぱらブログを書くのはパソコン派だ。

 

しかし、立ち上げると見慣れないマークが出ており、なぜかネットに接続できない。

 

いつもは自宅のWi-Fiと接続しているのだが、ネットの接続アイコンにエラーが出ている。

 

ブログを書いて早めに寝ようと思っていたこと、

 

「何で、いまなんだよ」

 

と悪態をつきながら、苦手なトラブルシューティングの項目を検索しながら、イライラする。

 

いろいろと試してみるが、いっこうに接続できず。

 

仕方なく、どこに仕舞ったか忘れてしまったLANケーブルのために家探しして、有線で繋いでみるとあっさりとつながった。

 

いつもパソコンを置いている場所は、LANケーブルの接続口から遠く、引っ越しを余儀なくされたが、それでも使う分には支障なく。

 

どうやら察するに、パソコン本体のワイヤレス接続に問題があるのか、壊れているようだった。

 

とりあえずは、ネットにつながっただけでも御の字としよう、とほっとする。

 

落ち着くと同時に、

 

「何で、いまなんだよ」

 

という悪態に、おそらくは、いまでなくてはダメなんだろうと考え直す。

 

 

翻って考えてみるに、このパソコンも10年前に転居と一緒に買ったものだった。

 

OSのバージョンもサポートが切れるし、そろそろ買い替えなければ、と思っていた。

 

あぁ、買い替え、設定など面倒だなぁ、というため息とともに。

 

このパソコンに、10年間お世話になってきたのに。

 

大きな故障もなく、10年間お勤めしてくれたのに。

 

それが、たかだか1回、不具合が起こっただけで、なんと傲慢なことか。

 

結局のところ、人は何かを失うことで、ようやくそのもののありがたみを知ることができるのだろう。

 

パソコンに限らず、電気、水道、公共交通機関、4G、SNS

 

どんな便利なものも、どんな貴重なものも、どんな優しさも、それが「当たり前」になってしまえば、何のことはない。

 

「ありがとう」という感謝を忘れ、傲慢になるだけだ。

 

そして、ある日突然、それが無くなった瞬間に思い知らされる。

 

どれだけ、それが「ありがたい」ものだったのか、と。

 

「ありがとう」の反対は、「あたりまえ」なのだ。

 

 

モノやサービスに限らず、人間関係でもそうだ。

 

気にも留めていなかった優しさや愛情、気遣い。

 

あまりにも相手が与えてくれるので、それが当たり前だと思い始めると、歯車が狂いだす。

 

それを与えてくれているのは、機械でもbotでもなく、生身の人間である。

 

相手が与えることに疲れ、その当たり前が無くなってしまったとき、初めてそのありがたさを知る。

 

両親、恩師、友人、パートナー…

 

あらゆる人間関係で、あたりまえとありがとうのシーソーは、繰り返される。

 

そのたびに、わたしたちは心を通わせることを学び、その奇跡に「ありがとう」と感謝したくなる。

 

それは学びでも習慣でもなく、自然発生的なものだ。

 

だから、誰もがその大切さを説く「感謝」というものを、「理解」することは難しい。

 

それは、どこまでも個人的で、どこまでも心のパーソナルな部分に絡むからだ。

 

 

10年間も、使わせてもらったのだ。

 

このパソコンで、いろんなものを書いてきた。

 

ブログもそうだし、寄稿記事、いろんな依頼文…

 

そう考えると、感慨深い。

 

やはり、ありがとう、しかないのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20200224212628j:plain

10年選手。いままで大きな問題もなく。ありがとう。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________