大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

ほんの小さな。うたかたのような、繰り返し。

結局、人はいま現在にしか生きられないように思う。

 

過ぎ去りし時間を悔やみ、未だ来ぬ時間を思い煩うのは人の常。

 

されど、双方に引き裂かれそうになる意識を、いまに留まらせてくれるのが、細部を見つめる、ということなのだろう。

 

癒しは、細部に宿る。

 

 

多くの形而上的な概念と同様に、「時間」というものも、実は人間が生みだしたフィクションではないかと思うことがある。

 

過去から未来へと引かれた直線の上を、等速運動をしながら滑っていく機械仕掛けの人形。

 

私たちを縛る「時間」という観念は、そんな形に近いのかもしれない。

 

今日の前は昨日であり、今日が24時間を刻むと明日になる。

 

かたかたと無機質な音を立てながら、「時間」は進んでいく、というように。

 

果たしてそれは、ほんとうだろうか。

 

瑞々しく感じられる何年も前の日があったり、何をしていたか思い出せない昨日があったり。

 

人の生は、そんな等速運動では動かない。

 

3年前も一昨日も、言ってみればただの記号に過ぎぬ。

 

 

結局のところ、人が思い煩うのは、過去と未来のことが大半だ。

 

いま、この瞬間は、何も起きていないのだから。

 

ただ、わたしは息を吸い、吐いている。

 

もしそうでなければ、思い煩うことすら難しいだろう。

 

 

今日、何十年ぶりかに自転車で派手に転倒した。

 

久しぶりに味わう、あの景色がスローモーションになる瞬間。

 

あの瞬間に、何かを思い煩うことなど、できはしないではないか。

 

そして遅れてやってくる、身体の各箇所の、痛み。

 

痛みは、強烈にわたしの意識を、いまこの瞬間に引き戻してくれる。

 

そして、何度でも気づくのだ。

 

痛い。

 

けれど、痛いからこそ、大丈夫だ。

 

わたしは、生きている、と。

 

 

不意の事故や、怪我をすることが、いいことと言っているわけでもない。

 

ほんの小さなことで十分なのだ。

 

空を見上げる。

よく噛んで食べる。

花の形をじっくりと眺める。

ゆっくりと息を吸い、吐いてみる。

目に映るものの名前を呼ぶ。

 

誰にでもできる、ほんの些細な、簡単なこと。

 

細部を見つめる、ということ。

 

それは、過去と未来という偽りの時間に引き裂かれそうになる私の意識を、いまこの瞬間に留め置いてくれる。

 

その瞬間は、うたかたのように、浮かんでは消えていく。

 

生とは、その瞬間の繰り返しでしかない。

 

それは繰り返しであり、決して積み重ねではない。

 

ただ、いまこの瞬間が、あるだけ。

 

その繰り返し、繰り返し。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200223210431j:plain

葉の裏に、小さな癒し。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________