大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

春という季節が持つ根源的な不安について。

午前中はなんとか持ちこたえていたが、昼過ぎから降り出してきた。

 

それでも、その雨粒はほのかに暖かい。

 

「雨水」の時候らしく、地に潤いと恵みを与えるような雨だった。

 

冬の刺すような冷たさの雨は、もうない。

 

 

それでも、気怠い午後だった。

 

どこか、このどんよりとした空のように重苦しく、そして不安げで。

 

濡らした枕の冷たさで起きた明け方のような、重苦しさ。

 

春は、いつもこんな心持ちになる。

 

かつて、とても悲しく、心が壊れるようなことが、あの春の日に起こったからだろうか。

 

麗らかな春のあの日、しだれ桜をながめていた。

 

焦点の合っていないような目で、ただぼんやりと。

 

心が、死んでいた。

 

いや、生きるために、全てを切っていたのかもしれない。

 

その日のことを、季節がめぐるたびに、思い出すからだろうか。

 

 

春は、もうそこまで。

 

次々に芽吹き、そして花を開かせるこの季節を、皆が心待ちにする。

 

冬という季節に閉じ込められて、ぎゅっと固くなって、いつ終わるとも知らぬ長い夜に、心は倦んでくる。

 

それだけに、ほんの少しの春の気配に、誰もが喜びと安堵を覚える。

 

ようやく、冬も終わる、と。

 

ところが、この世界は陰陽で彩られているように、春の訪れはまた、喜びの裏にある不安をも連れてくるのではないか。

 

それは、変化ということが恒常的に孕む不安でもある。

 

ホメオスタシストランジスタシス。

 

いまを変えようとする力と、現状を維持しようとする力。

 

その狭間で生きるのが、人の世の常なように。

 

春を待ち望みながら、冬がいつまでも続けばいいのに、と思っているわたしが、確かにいる。

 

いまの自分を変えたいと口では願いながら、心の奥底では現状がもっとも居心地がいいと感じているように。

 

 

いつも、わたしたちは原因と結果を取り違える。

 

もともとそうだったものを、あえて原因をつけて説明したがる。

 

時間がないから、何かができないのではなく、ほんとうのところは、その逆だ。

 

何かをしたくないから、時間がない状況にあえてしている。

 

原因と結果は、かくもややこしい。

 

 

わたしが春という季節に、根源的な不安を覚えるのは、その暖かさが心のかさぶたを剥がすからではないのだろう。

 

もともと、そうなのだ。

 

芽吹き、花咲くものと同じくらいの量で、その裏側にある、枯れゆき果てていくものに、心を惹かれるのだ。

 

燃えゆく命の輝きとともにある、命の儚さ。

 

春という季節は、根源的に不安と重苦しさを孕む。

 

わたしの心は、どうしてもそちらに目が向く。

 

それは、春の悲しい記憶とは、関係がないのだろう。

 

 

和名で「夏枯草(なつかれくさ)」、漢名では「靫草(うつぼくさ)」と呼ばれ、紫色の美しい花を咲かせる草がある。

 

ほかの草木がほとんど枯れゆく冬至のころに芽を出し花を咲かせ、その名の通り夏には枯れてしまう。

 

待ち望んだ春もあれば、枯れゆく春もある。

 

夏枯草の名の響きに、わたしは美を覚えてしまうのだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200222214535j:plain

満開の白梅には、曇り空がよく似合い。

どうしても「東風吹かば」の歌を思い出してしまう。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________