大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

頼まれごとは、試されごと。

頼まれごとは、試されごと。

 

という格言を聞いたことがある。

 

自分にできることしか、他人は頼みごとをしてこないからだ。

 

少し無理かな、と自分では思っても、他人はあなたならできる、と思っている。

 

実はそれが、自分にとって「試されている」ことの場合が往々にしてある。

 

もちろん、我慢や犠牲や自己価値の低さから、両の手にあり余る荷物があるときは、まずはその抱え込んでしまった荷物を降ろすことからなのだが。

 

 

先日、友人から一緒に贈り物をするメッセージカードに添える言葉を考えてほしいという依頼を受けた。

 

小さなメッセージカードにつき30文字程度で、と。

 

ふと、頼まれごとは、試されごと。

 

その言葉がよぎって、二つ返事で引き受けた。

 

けれど、これが難しい。

 

いつもここで書いているような長さの文とは、全く違う。

 

30文字という短さに、何度も何度も言葉を選んでは、ボツにする。

 

頭から30文字の制限が離れない。

 

何をしていても、ずっと考えている日が続く。

 

私は文字数制限があるTwitterでの発信が苦手なのだが、短い文字数で何かを表現するというのは、殊更に難しいように思う。

 

 

コピーライターのような職種の方は、そうした能力が優れているのだろうか。

 

どうやって短い言葉の中で、それを見る人の心を動かすことができるのだろう。

 

木彫りの彫刻のように、余計なものをそぎ落としていくのだろうか。

 

実際にやってみて一つ思うのは、想像力が、一つの鍵だということだ。

 

そのメッセージを、誰が、どういうシチュエーションで、どんな心境で、誰と見るのか。

 

その上で、どんな言葉が刻まれていたら、心が動くのか。

 

自分なら、どうだろう。

 

その人なら、どんな言葉をかけて欲しいだろう。

 

それを、リアルな感触として想像するのだ。

 

何回も、何回も。

 

そうしていくと、要らない言葉が剥がれ落ちていき、必要な言葉が自然と残っていくようだ。

 

ただが、30文字。

されど、30文字。

 

たくさんの言葉を並べれば伝わるものでもないし、かといって短い言葉で伝えるということは、至極難しい。

 

かくも、何かを伝えるということは、難しい。

 

経験のない「頼まれごと」だったが、おかげでひとつの言葉に、たくさん向き合うことができた。

 

やはり「試されごと」だったのかもしれない。

 

 

「今年と来年は種を蒔く時期ですよ」とある方は仰られた。

 

「その時期は、どんな風にして歩いたらいいのですか?」と私は尋ねた。

 

「おかげ、おかげ、と。はい、喜んで、と歩いてみてください」と教えて頂いた。

 

はい、喜んで、といえば、学生時代に行っていた居酒屋の店員のかけ声を思い出す。

 

頼まれごとは、試されごと。

 

おかげ、おかげと思いながら、試されていこう。

 

f:id:kappou_oosaki:20200219143634j:plain

空の色が、少しぼやけてきた。凛とした冬の色は、どこか遠くへ。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________