大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

今日もどこかで咲く花のように。

暖冬だと思っていたら、2月に入って寒気が訪れ。

 

それでも、例年に比べると暖かいようで、SNSで市内の早咲きで有名な桜が咲いたことを知る。

 

まだ時候は「立春」、ようやく雪解けが始まる「雨水」に向かうころ。

 

それなのに、桜とは。

 

季節のめぐりは、かくも早く流れていくもののようで。

 

 

花は、ただ自分のタイミングで咲くだけなのだろう。

 

それは、早いも遅いもなく。

 

ただ、咲くだけ。

 

もし、桜が毎年咲くことを疑っている人がいたら。

 

今年の桜は咲くかな、ずいぶんと遅い気がするけど、どうなのかな、などと言ったりして、気を揉んだりするのだろう。

 

されど、桜は咲くのだ。

 

それを信じていればこそ、今年は早いねぇ、去年はのんびり屋さんだったのにね、と桜前線を愛でることができる。

 

桜が花を咲かせることを、信じていればこそ、だ。

 

 

さて、それは桜だけの話だろうか。

 

あなたも、私も、同じなのかもしれない。

 

放っておいても、勝手に芽吹く。

 

その芽は、やがて膨らみ、花を咲かせる。

 

桜が咲くことを疑わないように、自分が咲くことを信じてみよう。

 

ただ、時が満ちれば咲くのだ。

 

それは、太陽が東から昇り、また西へ沈むのと、同じくらい確かで当たり前のことで。

 

太陽を昇らせ、また月を輝かせる、大きな力を信頼して、ただ委ねてみよう。

 

いや、それすら、委ねすらしなくても。

 

放っておいても、勝手に芽吹くのだ。きっと。

 

今日もどこかで咲く花のように。

 

f:id:kappou_oosaki:20200218182110j:plain

寒さの中にも、確実に芽はふくらんで。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________