大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

THE BLUE HEARTS「情熱の薔薇」に寄せて

THE BLUE HEARTSが好きだった。

 

彼らの詩には、哲学を感じるから。

 

それは、想像の上のものでもなく、紙の上のものではなくて。

べっとりと、彼らの血の匂いがする。

 

それは、なぜか世界観とか呼ぶよりも、

哲学

と呼びたくなるのだ。

 

 

彼らの歌と、そのパフォーマンスに、私も含めて同世代の男性の多くは憧れた。

 

自由奔放で、激情に身を任せるようなその姿。

 

誰にも真似できない、その歌い方。

 

自我が目覚め、アイデンティティが確立しだし、その分、他人との比較が始まる思春期に聴く、彼らの曲はどこまでも眩しかった。

 

…と思いそうになるが、彼らの歌と詩の持つ繊細さ、脆さ、弱さ、はかなさ、意気地のなさ、愚かさ…といったものに、実は惹かれていたのかもしれない。

 

男性という存在が、普遍的に持っているものなのかもしれない。

 

それは「隠す」とカッコ悪く、醜く見え、「晒す」と色気や魅力になる。

 

彼らの歌は、彼ら自身の弱さ、やるせなさを、どこまでも

 

 

彼らの歌の中でも、「情熱の薔薇」が好きだった。

 

www.youtube.com

 

なるべく小さな幸せと

なるべく小さな不幸せ

なるべくいっぱい集めよう

そんな気持ちわかるでしょう

 

THE BLUE HEARTS

「情熱の薔薇」

 

歌詞だけを見れば、パンクロックバンドの歌とは見えないような繊細さ。

 

好きなこと、楽しいことにしても、同じような心理が働く。

 

楽しいことをし過ぎると、その後が寂しくなるから、ほどほどにしておこう。

 

ほんとうに好きなことに夢中になってしまうと、なんだか怖い。

 

ほんとうは好きなのに、すごくやりたいのに、人はどこかでブレーキを踏む。

 

けれど、彼らのパフォーマンスがそうであるように、自分では分かっているのだ。

 

答えはきっと奥の方

心のずっと奥の方

涙はそこからやってくる

心のずっと奥の方

 

彼らの歌を聴いていると、その葛藤すら美しく思える。

 

そのままでいい。その弱いままでいい。

 

ただ、情熱を、胸に。

 

情熱の真っ赤な薔薇を

胸に咲かせよう

花瓶に水をあげましょう

心のずっと奥の方

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2020/2/17

1.寄稿記事:「黎明の砂(仮)」 一時休止

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________