大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

黄色い帽子の群れに寂しさを覚えること。

雲はだいぶ残っていたが、前日までの雨は上がって、晴れ間が見えた。

 

めずらしく、平日の早い時間に市内を走っていた。

 

市内の中心部に向かう朝の道は、思いのほか混んでいて、遅々として進まない。

 

早めに出たつもりだったが、徐々に遅くなるナビの到着予定時刻に、やきもきする。

 

いまさら焦ったって、前方の渋滞が早く流れるわけでもないのだが、それでも前方の信号とにらめっこをやめられない。

 

遅刻して相手を待たせたという罪悪感を抱えて、テーブルに着くのは、のっけから不利な交渉だ。

 

それは避けたいのだが、致し方ない。

 

 

一息、深呼吸をしてみる。

 

少し、指先に血が通ったような気がした。

 

人間、焦ったり不安になったりするときは、大概呼吸が浅くなっているものだ。

 

たったひとつの深い呼吸が、落ち着きを取り戻すことがある。

 

暖房が効いてきた車内の温度が鬱陶しくなって、窓を開ける。

 

前夜の雨のせいだろうか、少し湿った空気が車内に流れ込む。

 

刺すような冷たさの空気を期待していたが、その期待は外れた。

 

来週は雨水の節気がやってくる。

 

もう、冬から春へと。

 

この湿った空気の温さが、その証拠だ。

 

 

ふと開けた窓の外を見ると、黄色い帽子の群れが歩いていた。

 

背の高い高学年と思わしき男の子が、先導していた。

 

久しぶりに、小学生の集団登校を見た気がした。

 

普段は時間帯が早いせいもあり、あまり見かけることのない、ランドセルの群れ。

 

その姿を眺めていると、不意に、

 

ずきん。

 

という胸の痛みを覚えた。

 

刺すようでもあり、鈍く締め付けられるような、その痛み。

 

元気な小学生たちの姿を見て、何を覚えたのだろう。

 

 

ようやく変わった信号に、のろのろと前の車が動き出した。

 

あわてて我に返って、アクセルを踏む。

 

渋滞の列は、少しの区間だけ進んで、また信号待ちに引っ掛かったようだった。

 

また右足をブレーキに置いて、一息つく。

 

 

あの痛みは、なんだったのだろう。

 

信号待ちのあいだ、ゆうに秒針が一周以上する時間に、ゆっくりと考える。

 

寂しさ、かもしれない。

 

その寂しさは、私自身が黄色い帽子を被り、集団登校をしていた時に感じたものかもしれない。

 

 

小さい頃のことをよく覚えている人がいるが、私はその反対で、あまり自分が小さい頃のことを覚えていない。

 

覚えていないのか、忘れてしまったのか。

 

それは分からないが、小さい頃の記憶というのが、明瞭ではなくぼんやりしている。

 

人生という旅が長くなればなるほど、その始まりの頃の印象が薄くなるのは自然なことかもしれない。

 

けれど、私のその傾向は、昔からそうだったように思う。

 

二十歳の頃と、それはあまり変わらない気がするのだ。

 

 

黄色い帽子を被って登校していた時分。

 

私は、なぜそんなにも寂しさを感じていたのだろう。

 

父方の祖母の他界、

祖父の家からの引っ越し…

考えられることはいろいろあるが、どうなのだろうか。

 

学校から帰った私を迎えてくれたのは、いつも母方の祖母だった。

 

何が起こった、誰がどう言った、というような記憶は薄い私なのだが、平日の夕方、がらんとした家の雰囲気は、よく覚えている。

 

 

小学生の集団登校を見て感じた寂しさが、それと関係があるのかはわからない。

 

ただ、寂しさを感じた、というだけでいいのだろう。

 

それでも。

 

黄色い帽子を被った小さな私が、さっき見た集団の中で、ひとり歩いているような気もした。 

 

賑やかに周りが話をするなか、なぜかその小さな私は、誰とも話さず下を向いていた。

 

何を想っていたのだろう。

 

見ると、またのろのろと前の車は動き始めたようだった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200213183416j:plain

雨上がりに不思議な形の雲。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2020/2/14

1.寄稿記事:「黎明の砂(仮)」 執筆中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________