大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

自分を愛するタイミングは、周りが教えてくれる。

多かれ少なかれ、誰しもが思春期に自分の身体について劣等コンプレックスを持つ。

 

他人と比較して、自分は格好よくない、美しくない、綺麗じゃない、劣っている…と。

 

私自身も、そうだった。

 

私の場合は、「くせっ毛」がそれだった。

 

少し伸びてくると、波を打つようにくるくるとする髪質。

 

ドライヤーでの乾かし方や、整髪料をどれだけ研究してみてても、周りの皆のようにまっすぐでサラサラな髪にはならなかった。

 

湿気の多い梅雨時など、どうやっても毛先があちこちに跳ねてボサボサになってしまい、憂鬱になったものだった。

 

どうやっても言うことを聞かない自分の「くせっ毛」に付き合っていくのに、私ができる対策は「くせが出る前に切る」ということくらいだった。

 

そんなこんなで、髪が伸びてクセが出始めると、短く切りたくなる。

 

「くせが出ない程度まで、切ってください」

 

髪を切りに行くと、いつもそう言っていた。

 

 

伸びてきた髪を切りたいなぁ、と思いながら、なかなかその時間を見つけられずにいた、ある日のこと。

 

昔お世話になった方に、久しぶりにお会いする機会があった。

 

少し言葉を交わしただけだが、そのバイタリティとエネルギーは、私がお世話になった10年以上前と変っていなかった。

 

「ほんと、変わらないですね。というか、会うごとに若くなる」

 

私がそう言うと、

 

「お前もだよ。相変わらず、髪の毛は黒々としてるな。見ろよ、俺はもう白髪が目立ってきたぞ。もう染めるのも諦めたけどな。染めてないんだろ?」

 

と破顔しながら仰っておられた。

 

そういえば、ありがたいことに、まだ髪の毛を黒く染めることには縁がない。

 

人と会うのは、エネルギーをもらえるものだ。 

 

ほんの少しの時間だったが、握手をして別れたあと、心が軽くなった。

 

 

不思議なもので、そういうときは髪の毛についての話題が続く。

 

髪が伸びたことを、好意的に仰ってくださる周りの方が、現れる。

 

そうこうしているうちに、髪を切りたい欲求はどこかへ行ってしまった。

 

そのままもう少し、伸びるに任せてみようかとも思うようになった。

 

不思議なものだ。

 

自分を愛する許可が出せたから、周りがそう言ってくれるのか、

 

あるいは、その逆か。

 

ニワトリが先か、タマゴが先かのような議論なのだろう。

 

ときに、自分を愛するタイミングは、周りが教えてくれる。

 

 

そういえば、私のこのくせっ毛の髪質は、亡き母親から受け継いだものだった。

 

どこかつながっていると思えば、それもまたいいような気がした。

 

f:id:kappou_oosaki:20200213185246j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2020/2/13

1.寄稿記事:「黎明の砂(仮)」 執筆中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________