大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

節分、Threshold。

20世紀に生きたアメリカの比較神話学者であるジョーゼフ・キャンベル。

 

彼は、世界各地の神話や伝承には共通する物語の原型があると指摘し、それを「英雄の旅(Heroes and the Monomyth)」と呼んだ。

 

それは、「平穏に暮らしていたある日、平凡(だと思っていた)な彼、あるいは彼女(=英雄)は天命に気付き、冒険の旅に出る。そこでさまざまな試練を経るとともに、かけがえのない仲間や師に会い、そしてついに最大の困難を克服する。そこで宝物を手に入れ、故郷に帰還して王国を築く。やがて、また新たな天命に気付き、また旅に出る」…という類型を取る。

 

さまざまな分類があるが、ここでは8つに分ける分類を見てみたい。 

 

1.Calling(天命) : 

主人公は何かに呼ばれたり、身の回りで大きな出来事が起きる。

 

2.Commitment(旅の始まり) : 

そこから何らかの決意を胸に秘め、旅に出ることを決意する。


3.Threshold(境界線) : 

Thresholdとは、敷居のこと。主人公は自分の設定した境界を超える何かで試される。


4.Guardians(メンター) : 

読んで字のごとく、主人公は旅の中で師となるメンターに出会う。


5.Demon(悪魔) : 

最も手ごわい悪魔が立ちはだかる。それは強力な怪物かもしないし、あるいは癒せない過去だったり、許せない弱い自分だったりするのかもしれない。


6.Transformation(変容) : 

やがて、主人公は今までの自分を越えて大きく変容するタイミングが来る。


7.Complete the task(課題完了) : 

主人公はさまざまなものの力を借りながら、ついに旅に出た目的を果たす。


8.Return home(故郷へ帰る) : 

旅の恩恵を手に、故郷へ帰還する。それは金銀財宝かもしれないし、新たな知識かもしれないし、あるいは自分の弱さを認められる強い心なのかもしれない。帰還した主人公は王国を築くが、それはまた新たなCallingの序曲となる。

 

 「英雄の旅」の理論は多くの小説や映画の王道とされ、かのジョージ・ルーカスが「スターウォーズ」のストーリーの参考にしたとされる。

 

人生が旅の比喩なのか、それとも旅の比喩が人生なのか。

 

それは分からないが、旅と人生は似たものとして扱われる。

 

「英雄の旅」もまた、人生という旅そのものを表しているともいえる。

 

それは、人が成長していくプロセスとして見ることもできる。

 

「英雄の旅」に倣うならば、それぞれのフェーズで起こること、そして必要なものを俯瞰することができる。

 

 

さて、人生の比喩の一つが旅であるならば、季節のめぐりもまた、その比喩の一つなのだろう。

 

今日は節分である。

 

f:id:kappou_oosaki:20200203155038j:plain

 

旧暦において、一年の始まりとされる立春の前日であり、冬と春を分ける境界線。

 

「英雄の旅」に置き換えるならば、「3.Threshold」のあたりだろうか。

 

Thresholdとは、敷居のこと。

 

敷居をまたぐように、境界線を越える時が、季節においても、旅においても、そして人生においても起こる。

 

人は変化していくことに抵抗を覚えるもの。

 

大きな変化をもたらすときほど、大きな抵抗はつきもの。

 

季節のめぐりですら、「寒の戻り」というように、暖かくなってはまた寒さが戻り、少しずつ変容していくもの。

 

まずは、その抵抗を自覚することができれば、自らの「Thershold:境界線」がどのあたりにあるのかを知ることもできる。

 

 

節分。

新しい世界の始まりの前、節目の日。

 

もし、これから何かが始まるのだとしたら。

その境界線とは、何だろう。

そして、それを越えることに抵抗を覚えるとしたら、どんな怖れを感じているのだろう。

 

少しそんなことを考えてみるのも、季節のめぐりとともに生きる喜びかもしれない。

 

f:id:kappou_oosaki:20200203155029j:plain

神社の鳥居をくぐるのも、境界線を越えると言えるのかもしれない。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2020/2/3

1.寄稿記事:「黎明の砂(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________