大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

疾風のように。

短距離走よりも長距離を走る方が、昔から好きだった。

 

徒競走でもマラソンでも、スポットライトを浴びる側ではなかったけれど、長距離はどこか走っていて楽しかった。

 

高校の時分、学校の裏山の「一万歩コース」をよく飽きもせず走っていた。

 

瞬きすら許さぬ電撃の6ハロンよりも、淀の2マイルが好きなのは、そのせいもあるのだろうか。

 

おかげで、身体を動かそうと思うとランニングになる。

 

筋トレの絶大な効用を至るところで聞くのだが、いかんせん続いたためしがない。

 

 

優しい微笑みの目尻のような、三日月が出ている夜だった。

 

暖冬とはいえ、さすがに大寒の時候、風は身を切るように冷たい。

 

いつもの神社までの3,4キロのコースの途中で、久しぶりにあのコースを走ってみようと思った。

 

大回りで坂道を登って降る、8キロほどのコース。

 

どうしようもなく心が揺れて、辛く、悲しく、自分ではどうしようもできないことに執着して、しんどかった時期に、よく走っていたコース。

 

くるぶしを疲労骨折しても、来る日も来る日も走っていたが、走り始めてから1年ほどすると、ぱったりと走れなくなった。

 

最近また走ることを再開してから、近所の神社までの少し短めのコースをゆったりと走っていた。

 

この夜もそのコースのつもりで走り出したが、ふと、その坂道を登って降る、長い距離のコースを走ってみたくなった。

 

 

久しぶりに登る坂道は、思ったよりも平気だった。

 

あの頃の方が、体重も落ちていたし、月の走破距離も圧倒的に長かったはずなのだが。

 

不思議と、走っていて辛くもしんどくもなかった。

 

坂道ではあるので、息は上がるし、ふくらはぎは張ってくるのだが、それがここちよかった。

 

なぜだろうと、走りながら思う。

 

あの頃は、辛くしんどく走りたかった。

 

ただ、それだけなのだろう。

 

息を切らしながら、私はそう思った。

 

 

坂の頂点を越えて、下りに差し掛かったところで。

 

思い切り、走ってみた。

 

坂道は、登りよりも下りの方が怪我をしやすい。

 

自分で思っている以上に、慎重に。ゆっくりと走らないといけない。

 

心肺機能に比べて、筋肉は負荷に慣れるのが遅い。

 

ゆっくり長く走った方が、身体にいい。

 

転倒したりして怪我をしたら、元も子もない。

 

瞬間的に浮かんだ、それらの思考を、私は振り払う。

 

うるさい。小賢しいよ。

 

身体の衝動に身を任せる。

 

風を、切る

もっと、速くだ

途端に息が上がる

かすれた息遣いになる

もっと、速く

足首は悲鳴を上げ始める

腕を、思い切り振った

もっと、もっと

疾風のように

雷のように

ただ、その心の趣くままに

息が苦しくて、えづいた

まだ、走れる

もっと、走れる

まだ、まだいけるはずだ

 

どれくらい走っただろうか。

 

自宅の近くの交差点で止まったとき、私は短距離の全力疾走を終えたあとのように、両膝に手をついた。

 

なかなか、息は入らなかった。

 

思い切り走るというのは、どれくらいぶりなのだろう。

 

出し切った後の、何と心地よいことか。

 

されど、その反動で喉はおかしく、手は震え、また下半身の節々が痛みと熱を帯びていた。

 

自宅までの残りの道をクールダウンのために歩きながら、この熱は明日も残っているのだろうかと私は思った。

 

夜も更けたが、まだあの三日月は地平線の近くにいた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200131082428j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2020/1/31

1.寄稿記事:「黎明の砂(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________