大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

I was there.

あれは、1994年のサッカー・ワールドカップアメリカ大会の決勝だったか、それとも1998年のフランス大会の決勝だったか、それともオリンピックか何かの別の競技だったか。

 

実況のアナウンサーが、その決勝の開始前に

「もし、歴史が動く瞬間をこの目で見ることができるとするなら、それはこのサッカー・ワールドカップの決勝の舞台を置いて他にありません」

というような煽り文句を入れていた。

 

当時、サッカーを好んでいた私は、なるほどなぁ、と感心させられたのを覚えている。

 

その試合をスタジアムで観戦していた観客にしてみたら、なおさらそうなのだろう。

 

いわゆるひとつの、"I was there."

 

僕も、あなたも、そこにいた、と。

 

 

"I was there."

「私も、そこにいたんですよ」

 

と語れることが、誰にでもあるのだろう。

 

思い返せば1999年9月30日、私も神宮球場にいた。

 

中日ドラゴンズが11年ぶりのリーグ優勝を果たした瞬間に、立ち会った。

最後の打者のボールを、カクテルライトに包まれたセカンド・立浪選手が大事そうに掴んだ瞬間を、よく覚えている。

 

降りやまない紙吹雪の中、故・星野仙一監督は、遠く離れたナゴヤドームでその瞬間を待っていたファンに語りかけた。

 

名古屋の皆さん、やりましたよ、と。

 

その姿は、どこまでもカッコよかった。

 

あるいは、2018年11月25日、東京競馬場ジャパンカップ

 

アーモンドアイが驚天動地の世界レコードで、先頭を駆け抜けた瞬間。

 

2分20秒6の数字の上に灯る、赤いレコードの文字。

スタンドから巻き起こる、見てはいけないものを見てしまったかのような、ざわめき。

 

f:id:kappou_oosaki:20181126214551j:plain

 

スポーツに限らず、それは魂を揺さぶるコンサートであったり、または舞台であったりするのかもしれない。

 

あるいは美味しい感動を一緒に味わう瞬間かもしれないし、大切な人たちが集まる瞬間だったりするのかもしれない。

 

"I was there."

 

それは、その瞬間、同じ感動を共有した者だけが言える特権なのかもしれない。

 

 

そんな瞬間を、たくさん味わうためには、どうしたらいいのだろう。

 

二つ、方法があるように思う。

 

ひとつには、至極当たり前の話なのだが「動きつづける」ということが言えるだろう。

 

心が動いたり、あるいはピンと来たり。

 

そんな直感に従って、動いてみるということだ。

 

どれがその瞬間になるかなんて、分かるわけない。

 

けれど、動き続けていれば、足を止めなければ、必ず立ち会える。

 

"I was there." と。

 

 

もう一つは、いまこの瞬間を味わい尽くすことだ。

 

ひとつの呼吸、ひとつの歩み、あるいは木々のざわめき、そして目の前の人。

 

そのひとつひとつが、二度と戻らないかけがえのない瞬間だ。

 

その当たり前の事実を、もう一度思い出すこと。

 

今日、この当たり前の一日が、その瞬間だと認識すること。

 

それは、当たり前のようで、当たり前でない。

 

今日という日は、いまこの瞬間は、一般名詞ではない。

 

「今日、この日」、「いま、この瞬間」という固有名詞なのだ。

 

その瞬間の感動を、味わい尽くすこと。

 

"I was there."

「私は、今日、この日を生きたんですよ」、と。 

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2020/1/30

1.寄稿記事:「黎明の砂(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________