大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

どこかへ流れいったのはあの雲だったのか、それとも、私だったのか。

時速80kmで高速道路を走っている車がある。

 

後部座席に乗っていたあなたは、ふと窓の外を眺める。

 

さっきから変わり映えのしないガードレールの風景が、後ろに流れていく。

 

電信柱が、あっという間に視界の外へと流れる。

 

周りを走る車もなく、直線が続くようで静かな車内だ。

 

あなたはぼんやりとしてきて、眠気を覚える。

 

瞬きほどのあいだ、意識が飛んでいたようだが、あなたはすぐに目を覚ます。

 

その刹那、ふとあなたは車が停まっているような感覚に陥る。

 

この車が走っているのか。

 

それとも、

 

この車は実は停まっていて、風景が後ろに流れて行っているのか。

 

そのどちらかよく分からず、あなたはまた眠気を覚える。

 

f:id:kappou_oosaki:20200115191130j:plain

 

 

アイザック・ニュートンなら、「車が時速80kmで動いている」と言うのだろうか。

 

彼は「絶対空間」と「絶対時間」をもとにして、その空間と時間は客観的に実在するとした。

 

それにより古典力学は、この世界に起こる事象を数式で説明することを可能にした。

 

アルベルト・アインシュタインは、その運動についての考えを推し進め、「運動量というのは、観測者と観測対象がいることで初めて確認することができる、相対的な現象である」とした。

 

相対性理論における、「相対性」の所以である。

 

動く物と、それを観る者。

 

裏を返せば、動いているのは観ている私なのかもしれない。

 

動いているのは、観測対象なのか、それとも観察者なのか。

 

運動の相対性を描こうとしたアインシュタイン

 

彼がそのデッサンにおける唯一の基準線としたのは、僅か1秒のあいだにこの星を7回転半もする、光の速度だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200115191121j:plain

 

 

冬の夕暮れ時、乾いた空を眺める。

 

ぼんやりとした形の雲が、浮かんでいる。

 

何かの形をしているように思えたが、それが何か言葉が出てこなかった。

 

それを考えている間に、雲はどこかへ流れて行ってしまった。

 

どこかへ流れていったのは、雲だったのか。

 

それとも、知らない間に、うっかり私がどこかへ来てしまったのだろうか。

 

何の形をしていたのか、それを指す言葉は、まだ喉の奥に引っかかったままだった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200115191252j:plain

 

= 

 

雨の墓参りは、記憶になかった。

 

ロウソクと線香に火をつけなかったことが、あまり記憶にない。

 

いや、確か納骨のときが、雨だったのかもしれない。

 

この雨では、ロウソクも線香も、すぐに消えてしまうだろう。

 

花だけを手向けて、手を合わせた。

 

いったい、いなくなったのは、父だったのだろうか。

 

母だったのだろうか。

 

それとも、

 

私が

 

去ったのだろうか。

 

運動が相対的であるなら、生と死を分かつ際もまた、相対的なのかもしれない。

 

冷たい雨が、肩を濡らしていた。

 

そのぽつぽつと肩を叩く音が、妙に心地よかった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200115191112j:plain

 

 

喧噪の中で、駅員の吹く笛の音がひときわ大きく聴こえる。

 

少し高めの電子音が鳴り響く。

 

扉が閉まる。

 

静寂が、訪れる。

 

ゆっくりと、電車は動き始める。

 

その瞳が、ゆっくりと流れていく。

 

電車は加速し始める。

 

瞳が、流れていく。

 

いったい、加速していったのは、電車に乗った私だったのか。

 

それとも、その瞳が後ろへ流れていったのか。

 

そのどちらも正しくはないような気がした。

 

眠気は、やってこなかった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200115191855j:plain